ページID:P020192

【平成23年10月】『災害時の連携強化』

最終更新日 2016年4月22日(金曜日)

印刷

県央8市町村と災害協定を締結
県央8市町村と災害協定を締結

厚木市長 小林 常良

 東日本大震災から半年以上が過ぎ、被災地では少しずつ復興が進んでいます。
 本市でも発災直後から、人的・物的な支援を続けてきましたが、被災地の情報がなかなか得られず、支援がうまく進まない状況の中、自治体同士の連携を強める呼び掛けをしてきました。
 その結果、震災後に初めて迎えた「防災の日(9月1日)」に、県央地域8市町村(相模原市、厚木市、大和市、綾瀬市、海老名市、座間市、愛川町、清川村)で、災害協定を結びました。協定は、それぞれの友好都市までを含めた相互応援を約束するもの。全国でも珍しく、今後は速やかな情報収集と支援活動が期待できます。
 関東地方においても大地震の発生が危ぶまれています。市では、防災セミナーを開催するなど、市民の皆さんの意見を取り入れながら、地域防災計画の全面的な見直しを進めています。今後も市民の皆さんと協働で、災害に強いまちづくりを進めてまいります。

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

秘書課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎4階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2009
ファックス番号 046-296-2566
0100@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。