ページID:P022280

【平成24年9月】「県内初の民間事業者によるメガソーラーを誘致」

最終更新日 2016年4月22日(金曜日)

印刷

立地企業代表者、県知事と合同記者会見
立地企業代表者、県知事と合同記者会見

厚木市長 小林 常良

 昨年の東日本大震災が引き起こした電力不足は、私たちの生活を一変させました。誰もが原子力に頼らない電力の必要性を実感したのではないでしょうか。安全な電力源の確保が急務だと感じた私は、大規模な太陽光発電施設(メガソーラー)を早急に誘致する必要があると決意し、実現に向けて準備を進めてきました。
 県や地権者、事業者の方などと粘り強く交渉や調整を続けた結果、7月に上古沢の旧採石場に発電事業者として、市内企業の立地が決定しました。民間事業者によるメガソーラーの立地は県内初。事業者の方は採算性よりも電力の地産地消と地域活性化への熱い思いを持って事業に参入していただきました。
 厚木市には、メガソーラー以外にも電気自動車や太陽光を研究する企業が数多く立地しています。環境先進都市としての厚木市をPRするとともに、環境の面からも皆さんの安心・安全を支えていきたいと思います。

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

秘書課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎4階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2009
ファックス番号 046-296-2566
0100@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。