ページID:P022529

【平成24年10月】「高齢者訪問を通じて元気と勇気をもらっています」

最終更新日 2016年4月22日(金曜日)

印刷

高齢者訪問でお伺いした飛鳥井さんと
高齢者訪問でお伺いした飛鳥井さんと

厚木市長 小林 常良

 敬老の日、市内各地でさまざまな敬老事業が催されました。厚木市は県内でも2番目に平均年齢が若い都市ですが、年々高齢化は進んでいます。今後は高齢者の皆さんが元気に暮らせる健康・長寿社会をつくることが、都市の魅力の一つにもなってくるでしょう。
 私は、健康で長生きされている市内の高齢者のお宅を毎年訪問しています。ことしは36人の皆さんにお会いすることができました。103歳になられた戸室の飛鳥正光さんからは、苦しいことや大変なことがあってもその出来事を貴重な体験と捉えて学び、常に前を向いて自分の道を進んでいくことなど、生きていく上で大切なことをいろいろと教えていただきました。
 高齢者の皆さんの生き生きとした姿から、周りにいる人たちはたくさんの元気と勇気をもらっています。いつまでも高齢者の皆さんが生きがいを持ち、充実した生活を送れるようなまちづくりを進めていきます。

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

秘書課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎4階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2009
ファックス番号 046-296-2566
0100@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。