ページID:P028233

【平成26年5月】都市農業支援センターがオープン

最終更新日 2016年4月22日(金曜日)

印刷

開所式で関係者とテープカット

厚木市長 小林 常良

4月1日、市と農業委員会、農協の3者で「都市農業支援センター」開所しました。

都市と自然が調和する厚木市には、たくさんの農地があります。これらは私たちに安らぎや潤いをもたらし、地産地消や食育の推進に大きな役割を果たしています。
 
しかし最近では、農業就業者の高齢化や後継者不足、耕地面積の縮小、耕作放棄地の増加など、農業を取り巻く環境にさまざまな課題を抱えています。「市内産の新鮮で安心安全な農畜産物を、安定的に提供していただきたい」という意味でも、都市農業の振興は市の重要な政策です。市では、これまで獣害防護柵の設置や農畜産物の地産地消の推進、施設園芸用燃料の購入支援などを実施してきました。
 
支援センターでは、3者の専門性を結集し、農業に関する相談・支援業務をワンストップ化します。農地の貸し借りの仲介や新たに農業を始めたい方への支援、鳥獣被害対策への助言などを通じ、都市農業の振興をさらに進めていきます。

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

秘書課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎4階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2009
ファックス番号 046-296-2566
0100@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。