ページID:P033619

【平成28年2月】新たな市政運営テーマは「先見」

最終更新日 2016年6月10日(金曜日)

印刷

自筆の「先見」の前で 

厚木市長 小林常良

   先見…将来をあらかじめ見抜くこと。

 私が、平成28年の市政運営テーマとして選んだ言葉です。毎年、みんなで思いを共有し、1年間の仕事をぶれることなく進めるために決めています。「創造」から始まり、「真価」「一意専心」「原点」「総力」「情熱」「光輝」と続け、その一つ一つの言葉を線としてつなげていく市政運営に努めてきました。

 厚木市は1年前、市制60周年を迎えました。先人の方々が汗水流して築き上げたこのまちを、もっと大きく元気にしたい。少子高齢・人口減少社会を迎えた現代、この思いを実現させるためには「右肩上がり」の考えはもはや通用しません。目先のことに惑わされず、将来を見据えた中で本質を見極めていく力が求められています。

 市内では今後、4つのインターチェンジが新設され、中心市街地の再開発や整備も進んでいきます。まだまだこのまちは、大きな可能性を秘めています。大好きなふるさとを、どこにも負けない誇るべきまちとしていくため、市民の皆さんと共に先見の明を持ったまちづくりにまい進していきたいと思っています。

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

秘書課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎4階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2009
ファックス番号 046-296-2566
0100@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。