ページID:P034252

【平成28年4月】東京五輪での参加国誘致を目指して

最終更新日 2017年7月28日(金曜日)

印刷

 NZ大使館でシンクレア大使と会談

厚木市長 小林常良

  

 東京オリンピック・パラリンピック(東京五輪)で、「地元選手が活躍する姿を見たい」。皆さんと共有しているこの願いに加え、私は「参加国の事前キャンプを誘致し、国際交流を広げたい」という希望も抱いています。

 国は1月、参加国と自治体が交流を深める「ホストタウン」の登録を発表し、厚木市も名を連ねました。相手国はニュージーランド。市内の人脈を生かし、19年ラグビーワールドカップを含めた事前キャンプ誘致を目指しています。

 3月4日には、東京・渋谷のニュージーランド大使館を訪問し、マーク・シンクレア全権特命大使と会談しました。ホストタウンの登録を報告し、同国の文化や歴史、芸術、観光などを市民に紹介する場を設けるための協力を依頼。もちろん、事前キャンプ誘致へ向けた熱い思いもお伝えしました。

 東京五輪は、市民の皆さんがスポーツを楽しみ、異国文化を知ることのできる絶好の機会です。大会を身近なものとし、後世へ素晴らしいレガシー(遺産)を引き継げるよう、厚木の魅力を高めな夢の実現を目指してまいります。

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

秘書課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎4階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2009
ファックス番号 046-296-2566
0100@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。