ページID:P040582

リハ工学カンファレンスinあつぎ プレカンファレンス合同シンポジウム

最終更新日 2018年2月1日(木曜日)

印刷

 

ロボット技術を活用した未来の暮らしを考える

    

 近年、ロボット技術の応用により高度な福祉用具が開発されつつあります。また、2004年に東京頸髄損傷連絡会が発表した「未来予想2025年の福祉機器生活」から10年以上の歳月が経過しました。本シンポジウムでは、福祉用具や住まいに対し、何を求め、どのように関わっていけばよいか、様々な立場から検討します。そして、8月に開催される第33回リハ工学カンファレンスにつなげていくものです。

 

日時

平成30年3月3日 土曜日 午後1時30分から午後3時40分(受付は午後1時から)

会場

厚木市文化会館 4階 集会室 

所在地

厚木市恩名一丁目9-20

内容

13:00受付

13:30開会

13:40から14:00(20分)
【講演1】

「未来予想ー2025年の福祉機器生活ー」と現実になった未来
 麩澤 孝 氏(全国頸髄損傷者連絡会・日本リハビリテーション工学協会)

14:00から14:20(20分)
【講演2】

「スマートホームの現状と近未来」
 松沢 充 氏(パナソニックエイジフリー(株)マーケティング本部)

14:20から14:40(20分)
【講演3】

「ロボットと暮らす社会の実現に向けて」
 池田 幸一 氏(トヨタ自動車(株)T-フロンティア部グローバル企画室)

14:40から14:55 <休憩>


14:55から15:40(45分)
【パネルディスカッション】

 上記講演者をパネリストに、福祉用具や住まいに対し、何を求め、どのように関わっていけばよいか、様々な立場から検討します。  



15:40 閉会

主催

(一社)日本リハビリテーション工学協会関東・甲信越支部、全国頸髄損傷者連絡会、NPO法人ケアリフォームシステム研究会

共催

厚木市、かながわリハビリロボットクリニック(KRRC)、神奈川リハビリテーション病院

 

参加費

無料

申込

希望する方は、マイタウンクラブ、窓口、電話またはファクス(本ページに申込用紙あり)で3月1日までに産業振興課へ。
マイタウンクラブ 本シンポジウムのURL(講座イベント番号 272001 )
 https://www.mytownclub.com/cls-kiosk/272001.html(新しいウィンドウを開きます)
 
電話番号:(046)225-2831
FAX番号:(046)223-7875

カレンダー

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
             

色付の日はイベント開催日です。

関連ファイル

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開きこのサイトを離れます)が必要です。

関連ページ

関連キーワード検索

ロボット 介護 介護ロボット さがみロボット産業特区 イベント 

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

産業振興課企業誘致係

(市役所第二庁舎8階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2831
ファックス番号 046-223-7875
3900@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。