ページID:P038605

平成29年度第1回行政提案型「落書き消去活動等体験事業」を開催しました。

最終更新日 2017年6月19日(月曜日)

印刷

 1234 5678 

  落書きバスタースの皆さん   落書き消去作業中の参加者の皆様

 

 平成29年6月17日(土曜日)午前10時から11時まで、県道42号(藤沢座間厚木)関口地内長坂南公園高架下のトンネル北側の擁壁約60mにたくさんかかれている落書きを市民ボランティア団体「エコ・アップ・あつぎ」と依知南地区自治会連絡協議会、同地区内自治会会員、市民ボランティア団体の皆様57名が協力して落書きを消しました。

 この高架下付近の道路の擁壁は、以前から多くの落書きがかかれていて、地域の美観を損ね、治安上も大変好ましくないため、平成28年10月には、長坂南公園西側約50mで、落書きを消去した後の再発防止対策として非常に高い効果が期待される「壁画制作」を実施しました。

 今回の落書き消去活動は、市と行政提案型事業の協定を締結している「エコ・アップ・あつぎ」が平成29年度第1回目の活動箇所として計画し、4月当初から実施に向けて準備を進めてきました。

 活動準備の段階では、トンネル内の明るさなどをよく調査して、最も効果のある落書き防止対策について検討を重ねた結果、落書き消去して消去後の再発防止対策として落書き禁止を呼び掛ける「ストップ落書き!」ステツカー貼ることになりました。

 落書き消去活動でに当たっては、エコ・アップ・あつぎの会員の皆様は、現地を事前に調査して、当日の活動がスムーズに進むように消去テストを行うなど着々と準備を進めてきました。

 本番当日、エコ・アップ・あつぎの会員の皆さん5名は、つなぎの作業服姿で背中にタンクを背負い「落書きバスターズ」の出で立ちで颯爽と登場し、依知南地区の自治会会員、市民ボランティアとよく連携を取り合い協力して、約30分ですべての落書きを消すことができました。

 落書き消去後は作業が力を合わせて順調に進んだため、参加者の皆さんから充実した喜びを感じとることができました。

 今年度、同路線では、今回落書き消去活動を実施した場所から東側約100mに渡って、東京工芸大学の学生や地区自治会会員、市民ボランテイアの皆様の御協力の下に落書き再発防止対策の「壁画制作」を予定しております。

 今後も市では、落書き防止対策に多方面から落書きがなくなるよう取組んでまいりますので、引き続き市民の皆様の御理解と御協力をお願い申し上げます。

  

 17181920 21222324   

 

       消去前              消去後 

 ◎今回の落書き消去活動に御参加、御協力をいただきました団体

  ・依知南地区自治会連絡協議会並びに依知南地区単位自治会の皆様

  ・星槎国際高等学校の皆様

  ・厚木市資源再生センターの皆様

  ・厚木建築職組合の皆様

  ・厚木市環境保全指導員連絡協議会の皆様

  ・市民参加ボランティアの皆様

   

   御協力ありがとうございました。 

           

   

 

 

 

 

関連ファイル

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開きこのサイトを離れます)が必要です。

関連キーワード検索

落書き 

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

生活環境課美化衛生係

(厚木市役所第2庁舎7階)
開庁時間:8時30分~17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
電話番号 046-225-2750
ファックス番号 046-223-1668
3350@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。