ページID:P004532

厚木市民朝市のあゆみ

最終更新日 2017年3月6日(月曜日)

印刷

第1回市民朝市の様子
昭和49年 第1回市民朝市の様子

厚木市民朝市の40年の歴史をご紹介します!

厚木市民朝市の誕生!

 厚木市の市民朝市は、第1次オイルショックの影響で物価高が続いていた昭和49年、市内の生産物等を市民に直接販売し生活の安定を図ろうと、県下初の朝市として、同年11月17日に市民朝市実行委員会を結成して始まりました。

 開始当初は、毎月末の日曜日、旧厚木小学校跡地を会場に2年間行い、市民朝市の足固めをしました。

厚木の朝の風物詩として

 そして、市民の皆様の要望により昭和51年12月から毎月2回(第2日曜日・最終日曜日)と回数を増やしました。

 その後、中町再開発事業により旧厚木小学校跡地が利用できなくなり、昭和55年1月13日に厚木公園で開催いたしましたが、会場及び道路周辺が狭く不便なため、同年1月27日市制施行記念朝市から、会場をイトーヨーカ堂厚木店大駐車場に移転しました。

  来場者も回を重ねるごとに増え続け、消費者、出店者双方から毎週開催を希望する声が上がり、114回目を迎えた昭和55年8月17日の朝市から毎週開催に踏み切ることになりました。以来、朝市はすっかり市民生活の中に溶け込み、厚木市の風物詩の一つになりました。

元気なまち”あつぎ”の食卓を支える地産地消のシンボル的な存在として

 朝市開催以来26年を経過した平成12年11月5日、朝市の安定した開催を望む声が高まったことから、会場を現在の厚木市文化会館駐車場に移転し、現在に至っています。

 平成29年2月5日には、開催回数も2,000回を迎え、2000回記念朝市を開催。元気なまち”あつぎ”の食卓を支える地産地消のシンボリックな朝市として、市民の皆様に愛されています。

 これからも、「新鮮で安全・安心な農産物等を市価よりもお求めやすい価格で提供する」ことをモットーに、厚木のまちを食卓から「元気」にします!

関連ページ

関連キーワード検索

農産物 加工品 朝市 地産地消 

地図

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

農業政策課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所第二庁舎8階)
開庁時間:8時30分~17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
電話番号 046-225-2800
ファックス番号 046-223-0174
3600@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。