ページID:P001211

[質問]青少年教育相談センターはどのような相談をするところなのですか?

最終更新日 2010年2月12日(金曜日)

印刷

回答

主に、厚木市の小・中学生とその保護者の方に対して教育相談を行っています。

  •  学校生活・家庭生活などで抱える様々な子どもたちの問題に対して、心理学を専門とする臨床心理士、学校心理士、学校教育を専門とする相談員等がカウンセリングや心理療法、プレイセラピー等による相談に応じています。
  •  相談内容に応じて助言、他機関紹介、来所相談申込を行います。

扱われる相談の例

  • 学校生活では、主に不登校・人間関係・いじめ・学習の遅れ、進路進学の問題
  • 家庭生活では、しつけ・親子関係・家庭教育・家庭内暴力 など
  • 性格・行動面では、学習障害・発達の問題・コミュニケーションの問題・性的興味・反抗 など
  • 反社会的行動面では、家出浮浪・金品持出・喫煙・万引・薬物乱用など

(注1)相談ご希望の方は「教育相談」 046-221-8080 までお電話ください。
(注2)その他、青少年教育相談センターの詳細等につきましては、下記お問い合わせ先(事務所)までご連絡ください。

詳しくはこちらでご案内しています。

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

青少年教育相談センター

〒243-8511 厚木市中町3-16-1(市役所第二庁舎6階)
開庁時間:8時30分~17時15分、相談受付時間は9時~17時(火曜日は20時まで)
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
電話番号 046-225-2520
ファックス番号 046-223-9525
9100@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。