ページID:P002528

地下水採取量及び水位測定結果の報告

最終更新日 2016年10月25日(火曜日)

印刷

 厚木市内において、一定規模を超える揚水施設を用いて地下水を採取する事業者は、次のとおり、地下水採取量等の報告が義務付けられています。

 

(注意事項)地下水採取規制の詳細は、関連ページ「地下水のくみ上げに関する規制」を御確認ください。
 

指定地域における地下水採取量及び水位測定結果の報告

報告の根拠

神奈川県生活環境の保全等に関する条例第85条第1項

報告の対象となる事業者

地下水採取規制の指定地域において、一定規模を超える揚水施設を用いて地下水採取を行っている事業者(事前に許可が必要です)

 

(注意事項)「一定規模を超える揚水施設」とは、一事業所における吐出口の断面積の合計が、6平方センチメートルを超える揚水施設のことを言います。

報告の内容及び様式

  • 地下水の採取量と水位を測定・記録し、その結果を報告しなければなりません。(第43号様式、第44号様式)

    1.下記の日(休業日等で測定できない場合は、その翌日) に実施した地下水の採取量及び水位の測定結果については、1月から6月までの結果を7月31日までに報告し、7月から12月までの結果を翌年1月31日までに報告する。
     地下水採取量及び水位測定結果報告書(第43号様式)
      ・毎日1回測定した地下水の採取量
      ・毎月第1月曜日に測定した地下水の水位 

    2.下記の日(休業日等で測定できない場合は、その翌日)に実施した地下水水位の測定結果 については、測定日から30日以内に報告する。
      特別水位測定結果報告書(第44号様式) 

      ・8月10日及び8月16日(8月中に3日以上休業する場合は、当該休業期間の前後の日)
      ・12月29日及び翌年1月4日(年末年始に3日以上休業する場合は、当該休業期間の前後の日) 

 

周辺地域における地下水採取量の報告

報告の根拠

 神奈川県生活環境の保全等に関する条例第85条第2項

報告の対象となる事業者

 周辺地域(指定地域以外の全ての地域)で、一定規模を超える揚水施設を用いて地下水採取を行っている事業者

 

(注意事項)「一定規模を超える揚水施設」とは、一事業所における吐出口の断面積の合計が、6平方センチメートルを超える揚水施設のことを言います。

報告の内容及び様式

 地下水の採取量を測定・記録し、1月から12月までの結果を 翌年1月31日までに報告しなければなりません。(第45号様式)

 地下水採取量測定結果報告書(第45号様式) 
 

関連ファイル

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開きこのサイトを離れます)が必要です。

関連ページ

関連キーワード検索

届出 地下水 公害 環境 

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

生活環境課環境保全係

(市役所第二庁舎7階)
開庁時間:8時30分~17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
電話番号 046-225-2752
ファックス番号 046-223-1668
3350@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。