ページID:P020676

厚木市セーフティ住宅支援事業

最終更新日 2016年4月1日(金曜日)

印刷

 介護保険の認定を受けていない65歳以上の高齢者を対象に住宅の段差改修や手すりなどの設置に係る費用を助成します。工事を始める前に必ず、厚木市セーフティ住宅支援事業事前申請書を提出してください。

1 対象者

  市内に住所を有する65歳以上の高齢者で、介護保険の要介護又は要支援の認定を受けていない者

2 対象工事

市内の工務店等が行う次に掲げる工事                                       

  1. 屋内及び敷地内の手すりの設置
  2. 屋内の段差の解消
  3. 和式便器から洋式便器への取替え
  4. 滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更

3 補助額

対象工事の1/2以内で上限5万円まで

4 事前申請

  工事前に 厚木市セーフティ住宅支援事業事前申請書に、次の書類を添付し、本庁舎2階11番窓口の健康長寿課に申請してください。
  なお、対象者が、要介護認定・要支援認定申請書を提出しているときは、認定結果が通知されるまで事前申請書を提出することはできません。

  1. 工事見積書
  2. 工事図面
  3. 工事前の日付入りの写真
  4. 住宅等所有者の承諾書(賃貸の場合のみ)

 (注) 予算額が終了すると本事業は、終了となります。
 (注) 平成28年度は、4月1日(金曜日)から受付を開始します。

関連ファイル

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開きこのサイトを離れます)が必要です。

関連キーワード検索

住宅改修 セーフティ 手すり 

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

健康長寿課高齢者支援係

(市役所本庁舎2階11番)
開庁時間:8時30分~17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
電話番号 046-225-2220
ファックス番号 046-221-1640
2000@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。