ページID:P039167

生活支援体制を整備するために…生活支援コーディネーターと協議体の手引き…

最終更新日 2017年8月17日(木曜日)

印刷

誰もが住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができる社会(地域包括ケア社会)を目指して、生活支援コーディネーターと協議体の手引きを作成しました。


*生活支援コーディネーターとは、誰もが住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができる地域包括ケア社会の実現に向け、地域における高齢者等の生活支援・介護予防サービスの体制整備を推進するため、ボランティア等を担い手とした生活支援等サービスの資源開発、生活支援等サービス提供主体間のネットワークの構築等を行います。

*協議体とは、誰もが住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができる地域包括ケア社会の実現に向け、地域における高齢者等の生活支援・介護予防サービスの体制整備を推進するため、生活支援等サービスを担う多様な関係主体等の情報共有及び連携・協働による取組を推進すします。

関連ファイル

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開きこのサイトを離れます)が必要です。

関連キーワード検索

医療福祉 地域福祉 福祉 地域包括ケア 

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

福祉総務課地域包括ケア推進担当

(市役所第二庁舎2階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2047
ファックス番号 046-221-2205
1900-08@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。