ページID:P024090

養育医療給付

最終更新日 2017年7月18日(火曜日)

印刷

 母子保健法に基づき、身体の発育が未熟なまま出生した赤ちゃんが、諸機能を得るために必要な入院医療にかかる費用を給付する制度です。 

給付対象

 出生時体重2,000グラム以下または生活力が特に弱い1歳未満の赤ちゃんが指定養育医療機関で受けた保険診療の自己負担分(食事療養費含む)が対象。
 (注意事項)健康保険適用外の差額ベッド、おむつ等は対象になりません。 

申請方法

 医療機関から養育医療の申請についてご案内がありましたら、次の書類をそろえていただき、子育て給付課に申請してください。
1.養育医療給付申請書・・・保護者が記入
2.世帯調書・・・保護者が記入
3.養育医療意見書・・・指定養育医療機関の医師が記入
4.源泉徴収票などの証明書類
5.マイナンバー確認書類(世帯全員の個人番号確認書類と申請者の身元確認書類の2種類)

  • 個人番号確認書類(個人番号カード、通知カード等)
  • 身元確認書類(写真付身分証明書1点又は写真のない身分証明書2点)

(注意事項)1から3の書類は子育て給付課でお渡しいたします。(お越しいただくことが難しい場合は、御連絡いただければ郵送いたします。)
(注意事項)4については、診療月や世帯状況、所得状況により必要書類が異なりますので、 子育て給付課へお問い合わせください。 
(注意事項)指定養育医療機関の入院が対象で、産科のある医療機関が全て対象ではありません。お子様が入院している医療機関が指定養育医療機関に該当するかは、医療機関又は子育て給付課までお問い合せください。

給付方法

 申請から10日前後で、保護者の方へ養育医療券をお送りします。

 医療機関から医療費の請求があった場合は、健康保険証と養育医療券を提示してください。

自己負担額

 母子保健法では保護者の方の所得に応じて、自己負担額が決められていますが、厚木市の医療費助成制度を受給されている場合は、その分は医療費助成制度が負担します。

関連ページ

関連キーワード検索

低出生体重 養育 保健師 訪問指導 

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

子育て給付課こども医療・手当係

(市役所本庁舎2階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2230
ファックス番号 046-224-4599
2190@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。