ページID:P039145

ゲートキーパー養成講座

最終更新日 2017年11月10日(金曜日)

印刷

ゲートキーパーとは?

 ゲートキーパーとは、自殺に傾く人のサインに気づき、声をかけ、話を聞いて、必要な支援につなげ、見守ることができる人のことで、「命の門番」や「こころサポーター」とも言われています。

ゲートキーパー養成講座

 ゲートキーパー養成講座を受講すると、誰もがゲートキーパーになることができます。講演会や出前講座で、自殺未遂者への理解や支援のポイントを、分かりやすくお伝えします。

 話の聴き方のちょっとしたコツを知ることで、自殺に気持ちが傾いている人を支えることができるのです。

 養成講座の詳細は、関連ファイルをご覧ください。

 みんなで支援の輪を広げましょう。

関連ファイル

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開きこのサイトを離れます)が必要です。

関連キーワード検索

ゲートキーパー 自殺 

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

健康づくり課成人保健係

(保健福祉センター2階)
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2201
ファックス番号 046-223-7066
2300@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。