ページID:P037952

上落合長徳寺の阿弥陀如来立像

最終更新日 2017年10月6日(金曜日)

印刷

阿弥陀如来立像
阿弥陀如来立像

市指定有形文化財(平成29年1月24日指定)

所在地 

 上落合669 長徳寺

概説 

 放射状光背を負って立つ浄土真宗に典型的な形式の阿弥陀如来像です。寄木造で玉眼嵌入、肉身部金泥・着衣部漆箔とし、白毫、肉髻珠には水晶を嵌めています。像内の胸部裏及び体部背面に墨書銘があり、その墨書によると、天文四年(1535)に藤田氏の発願により造立されたことが分かります。この藤田氏は後北条氏の家人の一族とも言われています。
 本資料は、造立時期及び願主等の事情が明らかであり、かつ浄土真宗型阿弥陀如来像の基準となる貴重なものです。 

交通案内

 バス 愛甲石田駅発 平塚駅北口行 上落合下車 徒歩5分

関連キーワード検索

指定 文化財 阿弥陀如来立像 彫刻 浄土真宗 仏像 

地図

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

文化財保護課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所第二庁舎5階)
開庁時間:文化財保護係 8時30分から17時15分、郷土資料館 9時から17時(入館は16時30分まで)
閉庁日:文化財保護係 土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)          郷土資料館 年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2509
ファックス番号 046-223-0086
8650@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。