ページID:P002780

伊勢十二座太神楽獅子舞

最終更新日 2014年10月21日(火曜日)

印刷

平成25年度厚木市郷土芸能まつりの様子
平成25年度厚木市郷土芸能まつりの様子

 

市指定無形民俗文化財(昭和55年9月12日)

【保持者】

 伊勢十二座太神楽獅子舞保存会

【概説】

 伊勢神宮の信仰を広めるために行われたものといわれています。伊勢十二座という名前は、太神楽獅子舞を舞う組が12組あったことを示すといわれています。21代木村幸太夫を名乗る嶋本清友さんがその中の一つを継承し、厚木太神楽として正月から2月にかけて太神楽長持ちを2輪車に乗せて厚木周辺を廻っていました。
 清友さんが平成10年3月に亡くなられた後は、活動を休止しておりましたが、平成21年から5年間、復活に向けて、市教育委員会主催の郷土芸能学校で継承者の養成に取り組み、市内小学校等で郷土芸能普及公演活動などを再開しています。

 昭和55年9月12日 神奈川県選択無形民俗文化財に選択されています。 

関連キーワード検索

文化財 指定 

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

文化財保護課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所第二庁舎5階)
開庁時間:文化財保護係 8時30分から17時15分、郷土資料館 9時から17時(入館は16時30分まで)
閉庁日:文化財保護係 土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)          郷土資料館 年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2509
ファックス番号 046-223-0086
8650@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。