ページID:P031999

あつぎ古民家岸邸で十五夜と十三夜

最終更新日 2017年8月1日(火曜日)

印刷

古民家岸邸の写真
古民家岸邸の写真
古民家岸邸正面の写真
古民家岸邸正面の写真
十五夜のお供え物の写真
十五夜のお供え物の写真

展示会情報

 古民家岸邸では、10月4日の十五夜と、11月1日の十三夜にあわせて古民家岸邸内に、ススキや団子などのお供えを飾りますのでご来館ください。古民家岸邸で、日本のお月見の風習と秋の季節を感じてください。  
今年の十五夜は、平成29年10月4日、十三夜は、平成29年11月1日です。

十五夜とは 

 十五夜のお月見は9月7日から10月8日の間に訪れる満月(または満月に近い日)とされています。
 そのため毎年この期間に当てはめるため、10月8日までとあるように必ずしも十五夜が9月だとは限らないのです。

十三夜とは

 十三夜(じゅうさんや)とは、旧暦9月13日に行うお月見のことです。

 十五夜はもともと中国の行事でしたが、十三夜は日本独自のもの。十五夜の次に美しい月が見られるといわれています。

会期

十五夜 平成29年10月1日(日曜日)から10月9日(月曜日) 10時から15時まで
 会期中の休館日 10月2日(月曜日)、3日(火曜日)


十三夜 平成29年10月28日(土曜日)から11月5日(日曜日)10時から15時まで  
 会期中の休館日 10月30日(月曜日)、31日(火曜日)
 

会場

 厚木市古民家岸邸 所在地 厚木市上荻野792-2 

関連講座

(1)「郷土食 おこと汁 大葉やきもち」を作ろう
 日 時  平成29年9月30日(土曜日) 10時から12時
 会 場  荻野公民館 調理室  厚木市中荻野594-1 
 講 師  葉山 美智代(茶の間の会)
 定 員  定員 30人 申込み多数の場合抽選
 申込締切 9月20日まで 申込みは郷土資料館まで
 参加費  無料  

  おこと汁は、「事始め」「事仕舞」などに食べられていたお汁です。大葉やきもちは、おやつとして食べられていたもの作り試食します。

(2)民話のおはなし会
 日 時 平成29年10月29日(日曜日)10時から14時

 会 場 古民家岸邸1階広間

 講 師 葉山 美智代(茶の間の会)

 参加費 無料 

 参加方法 当日会場へ。時間内であえれば、自由に参加できます。
 お月見にちなんだお話し、折り紙や昔あそびを教えます。

 

主催

 厚木市教育委員会

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
             
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
             

色付の日はイベント開催日です。

関連ファイル

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開きこのサイトを離れます)が必要です。

関連ページ

関連キーワード検索

おこと汁 大葉やきもち 郷土食 民話 昔あそび 

地図

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

文化財保護課郷土資料館

神奈川県厚木市寿町3-15-26
開庁時間:文化財保護係 8時30分から17時15分、郷土資料館 9時から17時(入館は16時30分まで)
閉庁日:文化財保護係 土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)          郷土資料館 年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2515
ファックス番号 046-225-1070
8650-3@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。