ページID:P038098

特色のある学校給食

最終更新日 2018年2月6日(火曜日)

印刷

 

全国学校給食週間の実施(1/24から1/30)

 学校給食は、明治22年、山形県の小学校でお弁当を持ってこられない子どもたちに食事を提供したことが始まりといわれています。

 その後、戦争による食糧不足で一旦中止となりましたが、海外からの支援物資(小麦や脱脂粉乳)を使って給食が再開されたのが、昭和21年12月24日でした。この日を記念して、12月24日を給食記念日としていましたが、学校が冬休みに入ってしまうため、1か月後の1月24日が「学校給食記念日」となりました。

 1月24日からの一週間を「全国学校給食週間」として、給食の歴史を学ぶ機会としています。

くじら給食

 今ではなかなか口にすることができないくじら肉。調査が終了したあとの貴重なくじら肉が、年に一度、給食に登場します。

くじら

《献立》むぎいりご飯、ブロッコリーのおかか和え、くじらのオーロラ煮、けんちん汁、牛乳

ニュージーランドの食材を使った給食

  東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、ホストタウンの相手国であるニュージーランドとの交流を深めるため、ニュージーランド産の食材を学校給食に取り入れています。

第2回目:平成29年11月《ニュージーランド産のチーズ、ホキ》

 第2回目のニュージーランド給食は、ニュージーランド産のチーズを使ったチーズパンと、ニュージーランド産ホキの香草焼き、ホキのフライをメインに、小学校23校で実施しました。

 厚木市オリンピック・パラリンピック国際交流推進員キム・マリー氏が、11月17日に厚木小学校を訪問し、5年生の児童と一緒に給食を食べ、交流を深めました。

ニュージーランド給食2-2

《献立》チーズパン、ホキの香草焼き、野菜スープ、コーンポテト、牛乳

ニュージーランド給食2

厚木小学校5年生の様子

ニュージーランド給食3センター

《献立》チーズパン、白身魚フライ、コーンポテト、野菜スープ、牛乳

第1回目:平成29年4月《マヌカハニー、ニュージーランド産のホキ》 

《献立》ふたごパン、白身魚フライ、コンソメスープ、マヌカハニーサラダ、牛乳、(キウイフルーツ)

  

ニュージーランド給食

献立の紹介

チーズパン

 パンの中に、ニュージーランド産のチーズが入っています。

マヌカハニーサラダ

 ニュージーランドで生産されている蜂蜜「マヌカハニー」を使用した、はちみつ風味のドレッシングのサラダです。日本でも知られるようになってきたマヌカハニー。子どもたちからは、「これがマヌカハニーなんだ!」「おいしい」という声がありました。

白身魚フライ

使用する白身魚(ホキ)はニュージーランド産のホキを使用しました。

キウイフルーツ

単独校のみ(アレルギーの関係で実施しない学校もあり)

ニュージーランドでよく採れる果物として紹介しました。

関連ページ

関連キーワード検索

特色 学校 給食 献立 食育 ニュージーランド 

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

学校給食課給食係

(市役所第二庁舎5階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2668
ファックス番号 046-224-5280
8250@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。