ページID:P039158

平成29年度第3回厚木市教育委員会点検・評価委員会会議録

最終更新日 2017年8月17日(木曜日)

印刷

会議概要
会議主管課

教育総務課

会議開催日時

平成29年7月12日(水曜日)18時から18時55分

会議開催場所  厚木市役所第二庁舎16階 会議室B
出席者

厚木市教育委員会点検・評価委員会委員5人

(事務局) 

教育総務部長、学校教育部長、社会教育部長、

教育総務課長、教育総務課主幹兼教育企画係長、教育総務課主査

  

 地方教育行政の組織及び運営に関する法律に基づき、教育委員会の権限に属する事務の管理及び執行の状況について、教育に関し学識経験を有する方の知見の活用を図りながら、点検及び評価を行うために、学識経験者の方に委員をお願いし、厚木市教育委員会点検・評価委員会を設置しています。

 

会議の経過は、次のとおりです。

 

開会

開会時刻18時

○委員長

 ただ今から、第3回厚木市教育委員会点検・評価委員会を始めます。

 案件の平成29年度厚木市教育委員会点検・評価報告書(案)について、事務局から説明をお願いします。

○事務局

 (平成29年度厚木市教育委員会点検・評価報告書(案)について資料1に基づき説明)

○委員長

 ただ今事務局から説明がありましたが、資料1につきまして意見の修正、補足がありましたらお願いします。基本方針ごとに進めたいと思います。

 まず、基本方針1についてお願いします。

○委員

 小中一貫教育推進事業の「成果と課題」のところの文言ですが、「児童・生徒の学力向上に向け、授業改善に向けた・・・」という文章になっていますが、「児童・生徒の学力向上のため、授業改善に向けた・・・」に修正した方が良いと思います。

○委員長

 事務局、いかがでしょうか。

○事務局

 担当課の確認も得ながら修正したいと思います。

○委員長

 使用している写真については、写っている方の了解は大丈夫でしょうか。

○事務局

 了解を得て使用しております。

○委員長

 私の方から意見として1点ありまして、厚木市は子育て・教育環境日本一という目標を掲げて力を入れて取り組んでいるところで、情報の発信もしていただいていますが、まだまだ市の内外に十分届いていないのかなと思います。基本方針の全体に関わる部分だと思いますが、基本方針1の中では小・中学校保護者負担軽減事業が特にそうだと思います。是非、厚木市が保護者の負担軽減に向けてどれだけ取り組んでいるのか、子どもたちのためにどれだけ予算を使っているかということを市内外に向けてアピールしてほしいと思います。基本方針2以下でもそうだと思いますが、是非この点をお願いしたいと思います。

 他にはございますでしょうか。

○委員

 29ページの「委員からの意見」のところで、「中学年」という表現ありますが、一般の方は中学生と読み間違えてしまう可能性があるように思います。

○委員長

 中学年は学校用語かもしれませんので、「小学校3・4年生」とした方が良いかもしれません。こちらについては事務局で文言の整理をお願いします。他に御意見がないようでしたら、基本方針2に移りたいと思います。

○委員

 36ページの青少年教育相談事業の「成果と課題」のところで、「小・中学校との連携・・・」とありますが、小学校と中学校の連携を意味しているのか、青少年教育相談センターと小・中学校との連携を意味しているのかをはっきりさせた方が良いと思います。

○学校教育部長

 これは、青少年教育相談センターと小・中学校との連携を指しています。

○委員長

 その意味合いになるように、こちらも文言整理をお願いします。他に御意見はございますか。

○委員

 37ページの「委員からの意見」ですが、最後に「コーディネーター」という言葉を使っていますが、コーディネーターには教育相談コーディネーターと教育ネットワークコーディネーターがあるので、ここでは教育ネットワークコーディネーターと、略さずに書いた方が良いと思います。

○委員長

 そうですね。誤解がないよう書き加えた方が良いですね。他に御意見はございますか。では基本方針3に移ります。

 特にないようなので、基本方針4に行きたいと思います。49ページの「委員からの意見」に「お年寄りには古い体育館の和式トイレは大変そうです」という御意見がありますが、校舎内のトイレ改修は順調に進んでいるかと思いますけれど、体育館のトイレ改修の現状はいかがでしょうか。

○教育総務部長

 集会室と兼用しているところなど、一部の学校では改修を実施していますが、他はまだ手が付けられていません。

○委員

 文化祭など、体育館で行われる行事もありますので、足腰が弱っているお年寄りには古い和式トイレは大変だと思います。屋外のトイレと兼用というところもありますし、そういうところは使用頻度が高くなりますので、早めに改修していただけると良いと思います。

○教育総務部長

 教育施設に限らず、和式のトイレはお年寄りが大変ということで改修を進めていますが、数が多いので計画的に進めていきたいと思います。

○委員

 校舎・体育館改修事業に使われている校舎の写真は、実際に改修をした学校と異なっていますが、良いのでしょうか。

○事務局

 実際に改修をした学校の写真に差し替えていきます。

○委員

 57ページの就学指導事業の「委員の意見」のところに「特別支援学級の担当教職員の専門性について議論の必要がある」と書かれていますが、担当の先生に専門性はないのでしょうか。

○学校教育部長

 特別支援教育の免許を持っている方はごく一部ですが、研修は毎年実施しています。

○委員長

 では、基本方針5に移ります。御意見の修正・補足があればお願いします。

○委員

 「小中学校」という言葉を使うときに小と中の間に「・」がある場合と、ない場合があるので、全体的に確認をした方がいいと思います。

○委員長

 他になければ、基本方針6について御意見の追加などはございますか。

 特にないようですので次に行きます。基本方針7ですが、市民体力向上推進事業の28年度実績の欄に荻野中学校部活動指導57人とあります。これは市が講師を呼んで部員を指導したというものでしょうか。

○学校教育部長

 日体大の学生が来て、荻野中学校のソフトテニス部と野球部を指導したものです。

○委員長

 日体大との協定は、今後も続くと考えてよろしいでしょうか。

○社会教育部長

 はい。協定に期限はありませんので今後とも続いていきます。

○委員長

 今年度もどこか他の学校の部活動指導で、日体大のアスリートを派遣してもらえるのですか。

○社会教育部長

 日体大は全国各地の自治体と協定を結んでいますので、日程の調整が必要になっております。スポーツキャンプイン日体大についても、今年は厚木市単独ではできず、呉市と合同で実施することになっています。日体大側が一つの自治体だけを受け入れることが難しくなってきています。

○委員長

 中学生も日体大のアスリートから指導を受けられれば、きっとモチベーションや技術が向上すると思いますので、是非続けていただきたいと思います。他にないようでしたら、基本方針8に行きます。

追加の御意見はなさそうですので、最後に基本方針全体を通じての御意見はございますか。

○委員

 資料にあるこれらの事業は、教育環境日本一を目指したものだと思いますので、厚木市が教育環境日本一を目指していることが報告書の中に分かりやすく書かれていた方が良いと思います。

○事務局

 報告書の中には、教育委員会や基本目標などについて説明するページがありますので、その中で記載したいと思います。

○委員長

 では、最後に92ページの総括的意見のところで、御意見はございますでしょうか。

大丈夫そうですね。この会議後に意見の追加がある場合は、いつまで対応が可能でしょうか。

○事務局

 7月18日までにお願いします。

○委員長

 では、案件の2のその他として事務局から何かありますか。

○事務局

 (今後のスケジュールについて説明)

○委員長

 何か御質問はございますか。

○全委員 

 (なし)

○委員長

 では、以後は事務局にお返しします。

○事務局

 以上をもちまして、第3回教育委員会点検・評価委員会を終了させていただきます。

 本日は、大変ありがとうございました。

閉会時刻 18時55分

関連ページ

関連キーワード検索

教育委員会 教育 充実プラン 

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

教育総務課教育企画係

(市役所第二庁舎5階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2663
ファックス番号 046-224-5280
7800@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。