ページID:P031146

指定学校変更について《平成28年度在籍者から(新入学を含む)》

最終更新日 2017年4月4日(火曜日)

印刷

市内で指定された学校以外の学校への就学を希望する場合

 厚木市教育委員会では、就学児童・生徒の住民登録地により、就学すべき学校の指定をしています。
しかし、児童・生徒に特別な事情がある場合には、保護者の申立て(指定学校変更申立書)により、教育委員会が就学すべき学校の変更を認める場合があります。
厚木市の基準は以下のとおりです。

指定学校変更について
指定学校変更申立内容 対象学年 許可期間 必要書類等
1 転居 転居した後も継続して在籍していた学校に就学を希望する場合 小・中全学年 学年末まで
*指定学校の学区に隣接する学校は卒業まで
転居の手続きが終了した後、教育委員会にお越しください。
2 転居予定 転居が確実で、学期当初から転居予定地の学校に就学を希望する場合 小・中全学年 転居予定日まで 住所異動の予定を証する書面
3 留守家庭 保護者の勤務状況等により、児童生徒等を監護できない理由で、監護者が居住する地域の学校に就学を希望する場合 小学生 卒業まで 保護者の就労証明書
第三者の監護証明書
4 一時的転居 住宅の新築、改築、購入、貸借等に伴う転居又は親族の病気等による一時的な住所移転のため従前の学校に就学を希望する場合 小・中全学年 必要と認められる期間 状況を証明できる書類
5 身体の理由 児童生徒等の身体的理由により、指定校以外の学校に就学を希望する場合 小・中全学年 卒業まで 診断書若しくは主治医の意見書
6 教育的配慮 (1)いじめ、不登校などにより就学指定校の変更を希望する場合 小・中全学年 卒業まで
(2)指定学校よりも著しく距離的に近い学校に就学を希望する場合 小学生 卒業まで
(3)同一小学校で進学する中学校区が2つ以上に分かれている場合で、殆どの児童が進学する中学校に少数の児童が就学を希望する場合 1年生 卒業まで
(4)その他特別な教育的配慮が必要で指定校以外の学校に就学を希望する場合 小・中全学年 必要と認められる期間

* 改正前の要綱で指定学校変更を承認されている児童・生徒については、平成28年以降も期間満了までそのまま就学が続けられます。
* 平成28年3月31日までに改正前の要綱の規定により変更承認を受けていた小学校を卒業した児童が、当該小学校の卒業生が進学する指定中学校に就学を希望する場合は、申し立てをすることができます。

注意事項

  • 申立てには、印鑑(朱肉を使うもの)が必要です。
  • 通学に関しては、保護者が責任を持っていただくことになります。
  • 通学区域の再編成があった区域の特例で、上記の基準に優先する場合があります。

関連ファイル

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開きこのサイトを離れます)が必要です。

関連キーワード検索

指定校 小学校 学区外 中学校 学校 指定学校変更 学校変更 

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

学務課学務係

市役所第二庁舎4階
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2650
ファックス番号
8150@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。