ページID:P001028

母子・父子・寡婦福祉資金の貸付

最終更新日 2014年10月1日(水曜日)

印刷

神奈川県母子父子寡婦福祉資金とは、母子家庭等の生活を支援し、児童の福祉向上のために県が実施している貸付制度です。
平成26年10月から、父子家庭についても貸付制度の対象になりました。

(注1)相談の窓口は、各市役所(福祉事務所)の母子・父子自立支援員です。

母子・父子福祉資金 

離婚をした母親・父親などが20歳未満の児童を扶養しているときに、母親・父親及びその児童が貸付を受けられます。

寡婦福祉資金 

かつて母子家庭の母であった方やその子、40歳以上の配偶者のない女子が貸付を受けられます。
(注1)厚木市にお住まいで資金を利用したい方は、厚木市こども家庭課母子支援係母子・父子自立支援員に電話番号(225-2241)でお問い合わせのうえ、ご相談ください。

母子・父子自立支援員の相談日時

 月曜日~金曜日 (祝日・休日を除く)
 午前8時30分~午後5時 (正午から午後1時までは除く)
 なお、他の公務で不在の場合がありますので、予め電話で御確認ください。

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

こども家庭課母子支援係

(市役所本庁舎2階)
開庁時間:8時30分~17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
電話番号 046-225-2241
ファックス番号 046-224-4599
2190@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。