ページID:P037666

保育士やるなら厚木に集まれ!!! (久保子どもの未来応援基金活用事業)

最終更新日 2018年5月10日(木曜日)

印刷

平成29年4月1日からスタートした保育士さんを対象とした厚木市独自の助成金制度!

新たな助成金として、平成30年4月1日から保育士復職等奨励助成金を追加し、今まで以上に厚木市で働く保育士さんを応援します!!

保育士奨学金返済助成金(補助額全国トップ!・県内初!)

奨学金を利用して保育士の資格を取得し、市内の私立保育施設に勤務する方に、奨学金の返済金額の一部を助成します。

対象

次のいずれの要件も満たす方

・市内の私立保育施設(認可保育所、認定こども園等)に常勤保育士として勤務(採用後満3年を経過

しない者)

・奨学金を利用して保育士資格を取得し、現に奨学金の返済を行っている

・市内在住

助成内容

保育士として市内の私立保育施設に勤務している期間に、奨学金の返済に要した費用の一部を支給します。(上限20万円/年、最長3年。最大60万円)

対象となる奨学金

貸与型奨学金(日本学生支援機構奨学金、交通遺児育英会奨学金、あしなが育英会奨学金等)

(注意事項) 給付型の奨学金や返済免除規定のある奨学金、教育ローンは対象外

申請手続

1 雇用証明書、貸与証明書等を添えて申請

2 申請期間は、市内の私立保育施設に常勤保育士として採用されてから満3年以内

3 制度の利用は年に1回のみ(最大3ヵ年で3回まで)

その他

私立保育施設に採用後、1年を経過する前に退職した場合は、助成金の交付決定の取り消し又は助成金の返却を求める場合があります。

保育士転入奨励助成金(県内初!)

市内の私立保育施設に就職する又は勤務している保育士さんに、市内への転入費用の一部を助成します。

対象

次のいずれの要件も満たす方

・市内の私立保育施設(認可保育所、認定こども園等)に常勤保育士として就職する又は勤務している

・平成30年1月1日以後に市外から市内に転入

助成内容

市内に転入する際に要した費用の一部を支給します。(一律5万円+転入経費として上限5万円まで)
(注意事項)転入経費とは、家具等の運搬及び礼金等の転居に係る必要経費が対象となり、家具等の購入費用は対象外ですのであらかじめご承知おきください。

申請手続

1 住民票の写しや引っ越し費用が分かる書類等を添えて申請

2 制度の利用は1回のみ

その他

私立保育施設に採用後、1年を経過する前に退職した場合又は本市に住所を有した日から1年を経過する前に市外に転出した場合は、助成金の交付決定の取り消し又は助成金の返却を求める場合があります。

保育士復職等奨励助成金(県内初!)

保育士有資格者で保育士として復職等した方に対し、就労の際に要した費用の一部を助成します。

対象

次のいずれの要件も満たす方

・過去に保育施設に就労したことがあり、保育施設を退職後1年以上経過又は保育士としての就労経験がなく、保育士資格を取得後1年以上経過

・市内の私立保育施設(認可保育所、認定こども園等)に常勤保育士として就職する

・市内在住

助成内容

市内の私立保育施設に就労する際に要した費用の一部を支給します。(一律10万円)

申請手続

1 住民票の写しや過去の勤務状況が分かる書類等を添えて申請

2 制度の利用は1回のみ

その他

私立保育施設に採用後、1年を経過する前に退職した場合は、助成金の交付決定の取り消し又は助成金の返却を求める場合があります。

 

 

申請手続きや内容の詳細については、下記の問い合わせ先までお問合せください。

関連ファイル

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開きこのサイトを離れます)が必要です。

関連キーワード検索

保育士 助成金 奨学金 転入 復職 

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

保育課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所第二庁舎1階)
開庁時間:8時30分~17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
電話番号 046-225-2231
ファックス番号 046-221-0261
2200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。