ページID:P037863

平成28年度 第4回 図書館協議会 会議録

最終更新日 2017年4月5日(水曜日)

印刷

会議概要
会議主管課 中央図書館
会議開催日時 平成29年3月23日 午前10時3から11時30分まで
会議開催場所 中央図書館4階会議室
出席者 図書館協議会委員6人、社会教育部長、社会教育部次長、中央図書館長、図書館係長、
係員1人
説明者 中央図書館長、図書館係長

会議の経過は次のとおりです。

1 開会

中央図書館長

2 あいさつ

会長

社会教育部長

3 案件

案件(1)「第3次厚木市子ども読書活動推進計画」について

 

会 長 案件(1)「第3次厚木市子ども読書活動推進計画」について、議題といたします。事務局から説明をお願いします。

事務局 「第3次厚木市子ども読書活動推進計画」の策定について【資料1】と「第2次厚木市子ども読書活動推進計画」【冊子】を使用して説明。

【資料1】1 国や神奈川県の動向 2 県内各市の動向 3(1)第2次計画(概要)を説明。3(2)第62回学校読書調査結果における「5月1か月に読んだ本」について、実際に本を回覧しながらその特徴を説明。平成27年度に実施した厚木市のアンケート調査の説明。第3次計画の策定について、今後のスケジュールを説明。      

会 長 ただ今の事務局の説明について、御質問、御意見等がございましたらお願いいたします。

会 長 説明の中で「朝の読書運動」の話が出ましたが、学習指導要領の改訂に伴い英語活動などで、おそらく「朝の読書運動」の時間が減ってしまうのではないかと懸念しております。ただ、現在は多くの小学校で読書の習慣がついてきております。朝に限らず、すきま時間を読書の時間に当てているようです。今後、大いに考えていかなければならないと思っています。

なお、図書館からのリサイクル本の譲渡や団体貸出等により、学級文庫はかなり充実してきています。ただ、子どもは少しでも汚れてくると手を出さなくなります。 

また、ずっと読み継がれている名作や絵本などをどう読ませるかが課題だと思いました。

事務局 すべての小学校において、読書ボランティアが活動されおり、朝や昼の時間に教室や図書室や多目的室でおはなし会を実施されています。

委 員 中学生について、0冊、本を読まないと回答した生徒の割合が減少しているのは、「朝の読書運動」の実施が要因なのですか。

事務局 朝、授業の前に読書の時間を設けると、落ち着いて授業がスタートできると伺っております。読む本については、中学生ともなると本の好みがでてきて、家から本を持参したり、友達同士で貸し借りをしたりした本を読む傾向があるようです。

委 員 すごい改善ですよね。

事務局 小学校からの読書の習慣化も大きな要因と感じます。アンケートでは、本を読まないと回答した児童の割合が、特に、2年生で少なくなっています。幼い頃からの読書の習慣化が進んでいると思われます。

委 員 小学生は元々本を読まないと回答した児童の割合が低いので、改善の幅が少なく見えますが、特に中学生の本を読まないと回答した生徒の割合がめざましく減少しているのは、しっかりと読み解かないといけないと思います。強制的に何か実施したのか、自主的にこうなったのか、どうなんでしょうか。

委 員 それは、やはり「朝の読書運動」が影響しているのではないですか。

事務局 おそらく、「朝の読書運動」の広がりだと思います。

委 員 すごいですね。「朝の読書運動」は、高校で実施していますか。

事務局 実施している高校もあると聞いています。

委 員 多少は強制力がないと改善しないのではないでしょうか。

委 員 学校側が「朝の読書運動」の時間を設けているので、その時間は本を読んでいるということですよね。自主的ではないでしょう。

委 員 子ども読書活動推進計画について述べていいですか。この度、「わかあゆ号」の山際公園への巡回が始まります。「あつぎ家庭読書の日」が毎月第3水曜日に設けられているということですが、あまり周知されていないと思います。例えば、この日に「わかあゆ号」が小・中学校の昼休みに出向いたらどうでしょうか。子どもたちを通して、今日は「あつぎ家庭読書の日」だということが保護者に伝わると思います。

委 員 普及啓発活動の一環で「ビブリオバトル」というものあります。中・高校生に参加してもらったらどうでしょう。「ビブリオバトル」は本を読まなければ参加できないものなので。厚木ならではと考えると、鮎まつりの時期に開催するというのはいかがでしょう。

事務局 「ビブリオバトル」というのは、発表参加者が順番に一人1冊5分間で本を紹介し、それぞれの発表後に、参加者全員でその発表に関するディスカッションを2から3分行います。全ての発表終了後、「どの本が一番読みたくなったか。」を基準として、参加者全員で投票を行い最多票を集めたものを「チャンプ本」とします。一般社団法人ビブリオバトル協会も設立され、すでに、大学等で実施されていると伺っております。

委 員 神奈川工科大学の場合は二段構えになっており、まず、枚数は多くはありませんが読書感想文を提出させ、その中から10人を選抜し、パワーポイントを使ってプレゼンテーションをしてもらっています。それを審査して、図書館長賞を授与しているということを年1回実施しています。

会 長 それでは、議案1の「厚木市子ども読書活動推進計画」の策定については、よろしいでしょうか。

委 員 委員了承

(2)その他

 

事務局 平成29年度中央図書館予算の概要【資料2】を説明

会 長 ただ今の事務局の説明について、御質問、御意見等がございましたらお願いいたします。

委 員 ブックスタートですが、様々な場所での実施を検討いただいておりますが、

まだ、知らない方が多いと感じます。予防接種とか健診には90%以上の方が行かれているわけで、病院や医院にブックスタートのセットを置いていただいて、気づいてもらうのはいかがでしょうか。

事務局 ポスターを各小児科医院や産科医院に貼っていただいて周知しております。

ブックスタートの対象年齢である0歳児の予防接種や集団検診につきましては、市と契約を締結している医療機関で個別に実施しており、個別に発送している予防接種や健診のお知らせの中にブックスタートの案内も同封していただいて周知を図っております。

また、保健福祉センターで行う健康づくり課が主催する離乳食教室とタイアップしており、今後も実施してまいります。    

委 員 医療機関に、ブックスタートパックを置いていただくことを検討していただくことはできますか。

事務局 ブックスタートは、保護者の方にブックスタートの説明や赤ちゃんの接し方や絵本の読み方などをお話し実施しているものなので、医療機関で配布していただくことは難しいですが、見本のようなかたちで置いていただくなど、周知方法について検討してまいります。

委 員 「あつぎ家庭読書の日」は広報されていると思いますが、あまり読書に興味を持たない方には聞き流してしまうのではないかと思います。本は自分の興味のあるものから入ると思いますし、小さい頃から興味を持たせることが大事だと思います。ボランティアで小学校で読み聞かせをしていますが、学校ではどのように周知していただいているのでしょうか。

会 長 学校によって違うでしょうが、前日に校内放送でお知らせしたり行事計画に盛り込んだりしています。

委 員 今後は、「あつぎ家庭読書の日」に積極的におはなし会を開催しようと仲間にも広めていきたいと思います。

事務局 第3次計画にも盛り込んでいきたいと思いますし、最終的に子どもの読書につながるように周知もしていきたいと考えております。

委 員 企業の立場からお話すると、「あつぎ家庭読書の日」を普及させようと思ったら、アマゾンなどで表示すると翌日には本の注文が増えます。図書館として、どうしたらよいかをもう少し考えていこうと思います。

事務局 皆様から御意見をいただきながら、検討していきたいと考えます。

委 員 運営の面で、平成29年度は窓口委託の受託業者が変わるということですが、何年ごとに見直しをされるのでしょうか。

事務局 3年ごとに契約しております。業務委託が決まりましたのが平成23年度からで、平成23年度から25年度、平成26年度から28年度、平成29年度から31年度となります。

委 員 決定する際に、金額は大きな要素になりますが、それ以外のファクターはありますか。

事務局 業者選定につきましては、単なる金額だけではなく、プロポーザル方式で、出された提案について評価し選定しております。

会 長 事務局から何かありますか。

事務局 委員の方から大和市図書館「シリウス」と武蔵野市図書館「武蔵野プレイス」の見学報告をいただきましたので、この場で皆様にも説明いただきます。

委 員 委員作成資料により説明

大和市も武蔵野市も、図書館は複合施設の中にあります。単に同じ建物に複数の事業体が入っているだけでなく、融合していて連携しているところが新しいと感じます。

大和市は、4階が「健康都市図書館」で、下の3階「大和こどもの国」から子どもの声が聞こえ、必ずしも静かな図書館ではありませんが、それが融合につながっているようです。時代の変化に合わせて新しい健康情報を企画展示しています。施設は変えることはできないが、利用者のニーズに対応するために変化が可能です。5階はレファレンスを中心に調べて学ぶ静かな空間になっています。

武蔵野市は、1階にカフェが入っており、2階はコミュニケーションライブラリーで、子どもと大人が交わる場所となっています。3階はワークラウンジ、4階はワークテラスで、市民が活動するスペースとなっています。地下2階はティーズ・スタジオで、中・高生だけ利用できるようになっています。いずれのフロアも利用者のニーズの変化に対応していました。

会 長 事務局にお返しいたします。

事務局 長時間にわたり、ありがとうございました。それでは、会議を終了するに当たり、副会長から閉会の御挨拶をお願いいたします。

 

4  閉会 

副会長

関連ファイル

関連キーワード検索

図書館協議会 

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

中央図書館

〒243-0018 厚木市中町1-1-3(厚木シティプラザ2から4階、地下1階)
開館時間:2階・地階 9時から19時まで、3階 9時から17時まで
休館日:施設保守日、年末年始、特別整理期間ほか(詳細は、中央図書館ホームページトップの休館日カレンダーをご覧ください。)
電話番号 046-223-0033
ファックス番号 046-223-3183
9000@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。