ページID:P028685

特定事業場における事故時の措置について

最終更新日 2014年7月11日(金曜日)

印刷

 下水道法第12条の9に基づき、特定事業場において人の健康に係る被害又は生活環境に係る被害を生ずるおそれがある物質又は油が、公共下水道に流入する事故が発生した際には、以下のとおり事故時の措置が義務付けられていますので、速やかに適切な対応を講ずるようお願いいたします。

  1. 特定事業場から政令で指定された物質又は油が公共下水道に流入する事故が発生したときに事業者に対し、
    ・直ちに応急の措置を講ずること
    ・速やかに公共下水道管理者に届け出ること
    が義務付けられています。
  2. 事業者が適切な応急の措置を講じないときは、公共下水道管理者は、その事業者に対して応急の措置を講ずべきことを命ずることができ、その命令に違反した場合は罰則が適用されることがあります。

関連ファイル

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開きこのサイトを離れます)が必要です。

関連キーワード検索

特定施設 特定事業場 事故時の措置 

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

下水道総務課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所第二庁舎14階)
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日まで)
電話番号 046-225-2361
ファックス番号 046-222-8749
5200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。