ページID:P016407

各種証明書の海外からの郵送請求について

最終更新日 2017年9月4日(月曜日)

印刷

 海外から各種証明書の郵送請求を行う場合には、手数料・返信用封筒の扱いが異なりますので、次の点に注意の上、ご請求ください。(申請書・請求書の書式等は、国内からの請求時と同様です。)

手数料について

  1. 現金を郵送することはできませんので、国際郵便為替(INTERNATIONAL POSTAL MONEY ORDER)を同封してください。(銀行口座への入金での取扱いはできません。)
  2. 国際郵便為替の金額は、証明手数料、返送用の郵送料、返送用封筒代金(EMSを利用する場合)を合計した金額に余裕を加えた額としてください。(為替レートの変動や証明書の数量による郵送料の増加により金額が不足した場合、追加の国際郵便為替が届き次第の発送となるため。)
  3. 釣銭は、相当額の日本の切手を同封しての返送といたします。

返信用封筒について

 返送のための郵送料は証明書の重量や宛先により変動しますので、 郵送料は国際郵便為替に含めてご請求ください。

航空便・船便利用の場合

 返信用封筒(郵送料は国際郵便為替に含め、切手を貼らないでください。)を同封し、あらかじめ宛先の住所・氏名等を記入してください。 また、目立つ位置に、指定する郵便の種類を記載してください。なお、航空便・船便は追跡ができません。郵送におけるトラブルを避けるため、なるべく、追跡のできるEMSをご利用ください。

EMS(国際スピード郵便) の場合

 EMS(国際スピード郵便) をご利用になる場合、平成29年8月から、郵便局で用意されるEMS封筒(包装材)が有料となりましたので、申請書・請求書内(余白可)の分かりやすい場所にEMSでの返送が必要な旨を記載の上、返送用封筒代(50円)も含めた国際郵便為替をお送りください。
 なお、宛先の住所・氏名等は職員が手書きしますので、申請書・請求書への住所・氏名の記入は筆記体を避け、ブロック体での記入にご協力をお願いします。

注意事項

  1. 国際郵便の往復日数及び事務処理の日数が必要ですので、日数に余裕を持っての請求をお願いします。
  2. 在外日本大使館及び領事館に婚姻・出生等の戸籍届をされた場合、外務省経由で本籍地の市区町村に届出書類が郵送されます。書類の到達日時の差で、届出内容が記載されないまま証明書の発行がされる恐れがありますので、必ず、戸籍届出をしている旨を請求書内に記載してください。
  3. 申請・請求内容に不明な点がある場合、国際電話での確認ができないため、請求書の余白に請求者様のメールアドレスをご記入いただきますようご協力をお願いします。

関連ページ

関連キーワード検索

戸籍謄本・戸籍抄本 郵送請求 海外 国外 国際郵便 

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

市民課市民係

(市役所本庁舎1階)
開庁時間:月曜日から金曜日(午前8時30分から午後5時15分)、土曜日(午前8時30分から正午)
閉庁日:日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2110
ファックス番号 046-223-3506
2600@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。