ページID:P040342

平成29年厚木市議会第5回会議(12月定例会議) 総務企画常任委員会委員長報告

最終更新日 2018年1月5日(金曜日)

印刷

 12月定例会議が終了しました。
 こちらでは、定例会議最終日に報告された常任委員会の委員長報告をお知らせします。
 なお、掲載は会議録が公開されるまでの期間になります。それ以降は会議録をご覧ください。

 

  ただいま議題となりました日程のうち、当委員会に付託されました案件につき、去る12月12日に総務企画常任委員会を開きましたので、その経過と結果につきまして
ご報告申し上げます。

◎「議案第64号 厚木市市税条例の一部を改正する条例について」は、委員から、
◆厚木市独自の改正部分はあるか。との質疑があり、理事者から、
◇わがまち特例の特例割合は本市独自である。との答弁がありました。また、
◆改正理由と影響は。との質疑があり、理事者から、
◇軽自動車税では、環境にやさしい車を増加させるため軽減措置をとっている。今回は環境により優しくするため燃費基準を厳しくしており、対象台数は減少している。また、
◇家庭的保育事業の実績は3件で、合計すると年額2500円程度の減額である。との答弁がありました。また、
◆軽自動車税について、対象台数と、市の減収は。との質疑があり、理事者から、
◇平成29年10月31日時点で75%軽減の対象は0台、50%軽減が175台、94万5000円の減収、25%軽減が459台、66万7200円で、合計161万2200円減収となる。との答弁がありました。
◇採決の結果は、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。
◎「議案第66号 工事請負契約の変更について」は、委員から、
◆工期を延長するが入居の時期は大丈夫か。との質疑があり、理事者から、
◇工事の延長は25日間であり、工事完成後、備品搬入、内覧会などを経て入居になる。当初4月下旬からの入居を予定していたので、日程の調整により、さほど影響はないと考えている。との答弁がありました。また、
◆(仮称)戸室ハイツ(2)新築工事(住宅棟)と集会棟の関係で、時期はどのくらいかわるのか。との質疑があり、理事者から、
◇集会棟は今年度中の発注を予定しており、今回延長する2月12日に合わせた完成と考えている。との答弁がありました。
◇採決の結果は、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。
◎「議案第71号 平成29年度厚木市一般会計補正予算 第6号 所管科目」は、委員から、
◆洪水ハザードマップ作成事業の内容は。との質疑があり、理事者から、
◇平成27年水防法改正により県のマップの変更があった。それに伴い相模川、中津川、小鮎川、荻野川、恩曽川についてハザードマップを作成するものである。との答弁がありました。また、
◆配布時期と周知方法は。との質疑があり、理事者から、
◇今回のハザードマップは、今までの25メートルメッシュを5メートルメッシュにした。10万部作成し台風シーズン前に全戸配布をしたい。また、地区を回って説明し周知する。
との答弁がありました。また、
◆前回ハザードマップが出たときに、避難所に行くには危険地域を通らなければいけないと妻田の方から言われたが、避難所との関係はどのようにしているのか。との質疑があり、理事者から、
◇今後見直しを考えている。との答弁がありました。
◇採決の結果は、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。
◎「陳情第16号 平成30年度の給与所得等に係る市町村民税・道府県民税 特別徴収税額決定・変更通知書 特別徴収義務者用へのマイナンバー記載の中止などを求める陳情」は、委員から
◆厚木市が普通郵便でマイナンバーを記載しないで通知した理由は。また、これにより市内事業者に対し悪い影響があったか。との質疑があり、理事者から、
◇書留では、スケジュール的に問題があった。法律上、個人番号を記載しなさいという規定はないため、普通郵便であれば記載しないで送るという判断をした。また、これに対する事業所からの苦情は一切なかった。との答弁がありました。また、
◆同様の運用を来年度も継続する考えか。との質疑があり、理事者から、
◇国、県、他の市区町村の動向を注視し、また、個人情報の保護及び事務処理のスケジュールを総合的に判断して適切な事務処理を行っていく。との答弁がありました。また、
◆今回、厚木市がマイナンバーを記載しなかったことは賢明な判断であったと思う。この陳情の趣旨を受けて、ぜひ採択をしたいが、採択あるいは不採択にしてしまうと行政を一定程度縛ることになるので、趣旨採択あるいは継続審査で行政の判断を尊重する形で議会の態度を示せたらよいのではないかと思っている。最終的には採択である。との意見がありました。また、
◆今年2月に同内容の陳情があり、議会として不採択としている。会派としては、マイナンバー自体は税の公平性を担保していく、いろいろ課題はあるがこれはみんなで解決していかなければいけないと考えており、マイナンバー自体を否定するものではないという観点で、前回に引き続いて不採択にしたいと考えている。との意見がありました。また、
◇採決の結果は、賛成少数で不採択すべきものと決しました。
◎「陳情第17号 北朝鮮による拉致被害者及び特定失踪者救出を求める意見書を国に提出することを求める陳情」は、委員から
◆陳情の趣旨はよくわかるが、始動とは動き始めることで、今まで何もしていなかったということになるので、会派では趣旨採択と考えている。との意見がありました。また、
◆会派としては、北朝鮮による拉致被害者及び特定失踪者の救出を求めるという陳情の項目については全く違和感はないが、陳情の趣旨の中で、特定失踪者として厚木市民の渋谷さんの名前が出ている。特定失踪者とは北朝鮮に拉致された疑いを否定できない失踪者という扱いであるが、厚木市議会としてこれを意見書に出すのかどうか。また、全員救出に向けて始動するとある。始動するというと今までの活動を否定する感じを受けるが、厚木市議会として始動を投げかけるのか。この2つの観点で趣旨採択と考えている。との意見がありました。また、
◆陳情の項目については何ら異論はない。陳情の趣旨の中身が項目と違うなどという言い方で不採択や趣旨採択された場合も何度かあった。陳情の項目を尊重するのであれば採択をしてもよいと思うが、その場合に意見書に陳情の趣旨どおりに書くのか、趣旨に拘束されるのか、始動という言葉に拘束されるのか論議をしてから採択するべきであると思う。との意見がありました。また、
◆会派では、世界情勢や漁船の問題を考えても、一日でも早く救出をしなければならないと考える。採択をし、国にしっかり届けるべきである。との意見がありました。また、
◇採決については、趣旨採択と採択の2つの意見が競合したため、まず初めに、趣旨採択とすることについて採決した結果、賛成少数で趣旨採択とすることが否決されましたので、改めて採決を行い、採決の結果は、賛成多数で採択すべきものと決しました。
以上で報告を終わります。

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

議会総務課議事調査係

(市役所本庁舎5階)
開庁時間:8時30分~17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
電話番号 046-225-2701
ファックス番号 046-223-9535
7600@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。