ページID:P037370

古民家岸邸でひな祭りを開催

最終更新日 2017年2月16日(木曜日)

印刷

明治から昭和にかけて個性豊かなひな人形が所狭しと展示
明治から昭和にかけて個性豊かなひな人形が所狭しと展示

  古民家でひな人形を展示

 来月のひな祭りを前に、市の指定文化財である古民家岸邸(上荻野792-2)で15日、ひな人形を展示する「あつぎ古民家岸邸の雛まつり」が始まりました。3月12日まで。

 ひな人形は、明治から昭和にかけて作られた7段飾りや親王飾りが20点、羽子板や藤娘など23点。明治24年に建造された歴史的住居の中に彩りを添えています。多くは地元荻野地区の家庭から寄贈されたもので「45年間飾り続けた大事な人形。一人でも多くの皆さんに見てもらいたい」「毎年、ひな人形の前で娘たちの写真を撮り、成長を見守ってきたことが懐かしい」など、寄贈者のコメントや思い出が添えられています。

 友達と訪れた田中郁子さん(72・毛利台在住)は「今回岸邸を訪れるのは初めて。さまざまな思いが込められたひな人形が見事に並んでいる姿を見て感動した」と話しました。

 岸邸は、月・火曜の定休日を除き、午前10時から午後3時まで開館。桃の節句の3月3日をはじめ、4日と12日には、10時から14時まで、地元の民話や昔遊びを披露する催しと、抹茶のサービスを実施しています。

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。