ページID:P037693

「ミソガール」藤本智子さんが小林市長を表敬

最終更新日 2017年3月21日(火曜日)

印刷

小林市長に「みそまる」を紹介する藤本さん
小林市長に「みそまる」を紹介する藤本さん

 即席みそ汁「みそまる」を厚木から発信

 「ミソガール」として、みその普及に向けたPR活動に取り組む藤本智子さん(31・横浜市)が16日、厚木市役所(中町3-17-17)を訪れ、小林常良市長を表敬しました。

 藤本さんは、自社米や地場産の津久井在来大豆から加工品を作る「みそ工房なずな」(恩名)と共同して、生みそに具材とだしを混ぜて丸めた即席みそ汁「特製みそまる」を開発。12日には「民家工房常栄」(上荻野)が制作した屋台を使って、農産物直売所「夢未市」(温水)で販売したほか、みそまるを作るワークショップも開催しました。

 この日、市役所を訪れたのは、藤本さんと「みそ工房なずな」を営む新藤悦子さん、「民家工房常栄」社長の山本常美さんら6人。藤本さんは「みそは、がん予防や血圧を下げる効果などがある健康食。厚木で採れる津久井在来大豆から作るなど、地域の方々と連携してみそまるをPRし、厚木から発信していきたい」と意気込みを話しました。

 試食をした小林市長は「箱に入ったみそは、見た目もチョコのようにきれい。厚木の名産であるアユとコラボレーションしたり、厚木市のアンテナショップ『あつまる』でPRしたりするのも面白いのでは」と今後のPR展開を提案しました。

 ファッション業界にいた藤本さんは2011年に「365日味噌活宣言」をし、華やかな和装を身にまとって、みその普及啓発活動を開始。みそまるの販売やイベント・メディア出演を通じて、みその素晴らしさを広く伝えています。

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

広報戦略課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分~17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。