ページID:P037947

厚木市幹部が「スマート・ワーク」を宣言

最終更新日 2017年4月13日(木曜日)

印刷

市幹部職員が宣言書を手に「スマート・ワーク」を宣言
市幹部職員が宣言書を手に「スマート・ワーク」を宣言

働きやすい職場環境に

  風通しの良い職場を実現し、職員の市民サービス向上やワーク・ライフ・バランスの推進につなげようと厚木市は4月12日、同市役所(同市中町3-17-17)で部長職以上の幹部職員ら36人を対象に「あつぎスマート・ワーク宣言」を実施しました。

 宣言は、上司が無駄なく、手際よく、スマートに職務にあたり、部下が働きやすい職場を作ることで、職員の意識や市民サービスの向上につなげることが狙い。同市で毎年職員に実施している「行政経営に関する職員アンケート」の平成28年度の結果では、「ワーク・ライフ・バランスが向上している」、「職場で休暇が取りやすい」と感じる割合で60%を越える結果となったが、さらに職員が働きやすいと感じる職場を実現するためには、まず上司が変わることが必要であることから、今回の宣言を実施しました。

 当日は、「職員をおもいやり、職員の仕事に感謝できる環境を醸成するため、先頭にたって模範を示します」や「自らもスマート・ワークとワーク・ライフ・バランスを実践し、仕事と生活の充実を図ります」など全5項目が書かれた宣言書に、小林市長をはじめ、副市長、教育長、病院事業管理者、理事、各部等長が連名で署名。市、教育委員会、消防、市立病院が一体となって職場環境の向上に努めることを誓いました。

 齊藤淳一教育総務部長は、「職員全員が、毎朝楽しく気分よく職場に行こうと思える環境を作るため、部下に積極的に話し掛けたり、冗談を言い合ったりできるよう、まずは自分から行動を起こしていきたい」と意気込みを語っていました。

 市では4月末までに、次長、課等長126人の管理職員を対象に、宣言を実施する予定。なお、作成した宣言書は、市ホームページで公開していきます。

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。