ページID:P037959

荻野運動公園で夕焼け市が始まる

最終更新日 2017年4月14日(金曜日)

印刷

夕焼け市を楽しむ子どもたち
夕焼け市を楽しむ子どもたち

自慢の野菜などがずらり

  市内で生産された新鮮で安全な農畜産物や加工品を生産者自らが販売する「夕焼け市」が12日、荻野運動公園(中荻野1500)で始まりました。会場は小雨が降る中、市民ら約1000人が買い物に訪れ、にぎわいを見せました。10月25日まで毎週水曜の夕方に開催されます。

 地産地消の推進と、生産者と消費者の触れ合いを目的に、平成11年から始まった夕焼け市は、今年で18年目。地元産の新鮮野菜を生産者自らが販売するとあり、安心して買い物ができると、多くの市民に親しまれています。

 この日は、オープニングセレモニーとして「荻野ハーモニカクラブの「夕焼け小焼け」の演奏でスタート。出店者組合長の牧田啓子さんは、「ここに並ぶのは、出店者たちが良いものになるようにと心を込めて作った品ばかり。ぜひ買い物を楽しんでほしい」。小林常良市長は「出店者組合の皆さんには、長い間厚木の台所を支えていただきありがたい。これからも来場者の期待に応えてほしい」とあいさつしました。
 販売が始まると、各店から威勢のいい掛け声が飛び飛び交いました。店先には、タケノコなどの旬の野菜や、手作り豆腐、酒まんじゅうなどが並びました。買い物を楽しんだ人には、先着で「あゆコロちゃんエコバッグ」と会場限定の買い物券がプレゼントされました。

 野菜を購入していた市野宏子さん(64・下川入在住)は「毎年来ているので開催を楽しみにしていました。生産者が直接販売する野菜は新鮮で安心」と笑顔を見せました。

 夕焼け市の開催期間は10月25日までで、8月までは午後5時から、9月から10月までは午後4時から開催されます。季節に合わせてさまざまなイベントも企画されます。

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。