ページID:P038608

あつぎ飯山あやめ祭りを開催

最終更新日 2017年6月19日(月曜日)

印刷

色とりどりのハナショウブが見頃を迎えた
色とりどりのハナショウブが見頃を迎えた

ハナショウブが見頃を迎える

 飯山にある「あやめの里」(飯山1210付近)で12日、「あつぎ飯山あやめ祭り」が開催されました。白や紫色など色とりどりのハナショウブ約4000株が見頃を迎え、訪れた人々の目を楽しませました。

 祭りは「あやめ祭り実行委員会」(森久保純生実行委員長)が農業の振興と地域の人々の触れ合いを目的に開催。毎年6月の開花時期に合わせて実施され、今年で24回目を迎えました。設けられたステージでは、飯山温泉芸妓衆による花見踊りや、地元の小学生・大学生によるパフォーマンスなどが披露されたほか、会場では芸妓衆をモデルにした写真撮影会やハナショウブの切り売りも実施されました。

 式典で森久保実行委員長は「花を咲かせるにはさまざまな苦労があるが、鑑賞した人にほめてくれたり喜んだりすることが何より嬉しく感じる。地元の人たちが手塩にかけて育てたあやめを、地域の活性化につなげていきたい」。小林常良市長は「この場所にある綺麗なあやめは、地域の皆さんの力があってこそ。ハナショウブの花言葉である『優しい心』を忘れずに、花を地域の宝として今後も大切に育ててほしい」とあいさつしました。

 姉妹で会場を訪れた内田道代さん(49・下荻野)は「毎年祭りに足を運んでいるが、今年もきれいに咲いている。初夏を連想させるあやめを、しっかりと記録しておきたい」と笑顔を見せ、記念撮影をしていました。

 あやめの里は、県観光協会が選定した「かながわの花の名所100選」の一つ。休耕田0.5ヘクタールを利用して栽培され、今月20日頃まで楽しめる。会場へは、小田急線本厚木駅北口5番バス乗場から宮ヶ瀬、宮の里、上飯山行きに乗り、「小鮎久保」下車、徒歩約5分。

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。