ページID:P039132

交通安全子供自転車全国大会

最終更新日 2017年8月11日(金曜日)

印刷

慎重なハンドルさばきでコースを走破
慎重なハンドルさばきでコースを走破

清水小チームが健闘

  全国の小学生が自転車の乗り方の技能などを競う「交通安全子供自転車全国大会」が9日、東京ビックサイト(東京都江東区有明3-11-1)で開催され、市からは県大会を勝ち抜いた清水小学校(妻田西3-18-1、髙橋健一校長、児童数902人)が出場し、47チーム中27位と健闘しました。

 大会は、自転車競技を通じて児童に安全走行に関する知識と技能を身に付けてもらおうと、全日本交通安全協会と警察庁が主催し毎年開催。今年で52回目となる。各都道府県を代表する47チーム188人(1チーム4人)の選手が参加し、学科テストと安全走行や技能走行の実技テストで順位を競い合いました。

 この日は、交通規則や道路標識の理解度を問う学科テストから競技がスタートすると、真剣な表情で問題に向き合っていました。続いて実施された実技テストでは、横断歩道や踏切、狭い道やジグザグコースを慎重なハンドルさばきで走破するなど、参加者は日頃の練習の成果を発揮しました。

 清水小学校の佐藤なつみさん(6年)は「チームとして、もう少し準備して臨めればよかった。全国大会のレベルの高さに驚きましたが、この経験を後輩たちに伝え、来年は全国大会で上位を目指してほしい」と後輩たちに思いを託していました。

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。