ページID:P039146

手ぶらバーベキューとアユのつかみ取りが始まる

最終更新日 2017年8月12日(土曜日)

印刷

手ぶらバーベキューを楽しむ利用者ら
手ぶらバーベキューを楽しむ利用者ら
アユつかみ取りは子どもたちから大盛況
アユつかみ取りは子どもたちから大盛況

河原でお手軽バーベキュー

 自然豊かで市民の皆さんの憩いの場として親しまれている相模川を観光資源として活用しようと厚木市は11日、相模川三川合流点河川敷を会場に「手ぶらバーベキュー」と「アユのつかみ取り」をスタートしました。初日となった同日は、2組の団体が手ぶらバーベキューを利用。アユのつかみ取りには約40人が訪れ、水辺で楽しい夏のひとときを過ごしました。

 両イベントは、平成24年に水辺の利活用と観光の活性化を目的に同市が策定した相模川厚木市水辺拠点創出基本計画を基に開催。同市の新たな魅力となるよう、集客力や有効性を検証するために社会実験として始めました。

 手ぶらバーベキューは、会場に約2千500平方メートルの専用区画を設定し、予約客を受け入れます。基本料金は1人3500円で、グリルやテーブルなどバーベキュー器材のレンタル、牛・豚・鳥肉や焼きそばなど食材の提供、ごみの回収を含んでいます。器材や食材の持ち込みは自由で、別途料金でオプションを付けることも可能です。同時開催のアユのつかみ取りは、小学生以上を対象に小鮎川から水を引いて作った池で実施。料金は1人1000円で、アユ1匹と塩焼きの代金を含んでいます。

 同日、サークルの仲間と手ぶらバーベキューを利用した林秀仁さん(47・下荻野)は「準備と片付けをやってくれるので、手軽にバーベキューができて助かった。器材を持っていなくてもできるのも良いですね」と満足そうに話していました。アユのつかみ取りに参加した谷津さん(10・森の里)は「アユは泳ぐのが早くてヌルヌルしているのでつかむのが難しかったけれど、取れてうれしかった。おいしい塩焼きも食べられて良かった」と笑顔を浮かべていました。

 両イベントは、8月12から27日の金曜から日曜、9月9・10・16・17日にも開催を予定しています。いずれも申し込みは先着順で、実施日の4日前まで受け付けています。

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。