ページID:P039346

市でシェイクアウト訓練

最終更新日 2017年9月4日(月曜日)

印刷

地震が起きた際はまずは自らの身を守る行動を
地震が起きた際はまずは自らの身を守る行動を

自分の命は自分で守る

  大地震発生時の瞬間を想定しその場で身を守る一斉訓練「かながわシェイクアウト」を1日、市役所(中町3-17-17)や保健福祉センター(中町1-4-1 )などで実施しました。職員や来庁した市民らは、安全を確保するため机の下などに身を隠し訓練に参加しました。 

 シェイクアウトは、地震発生想定時から1分間、「姿勢を低く、頭を守り、動かない」ことで、自らの命を守る意識の向上を目的としています。平成26年から取り組んでいる県の呼び掛けを受け、県下一斉に取り組まれました。市では、これまで職員のみが参加してきましたが、市民を含めた訓練は今回が初となります。

 市役所では「地震が続いています。安全な場所を探しましょう」などとアナウンスが流れると、職員や市民は手で頭をかばいながら机の下に入り、身を守っていました。一方、会期中の市議会も、本会議を一時中断し、小林常良市長や市議会議員らが訓練に参加しました。

 担当する市の危機管理課の佐藤登課長は「訓練を通じて、まずは自分の命は自分で守るという意識を身に付けてほしい」と災害時の心構えを訴えていました。

 3日には、市内217の自治会ごとに構成される自主防災隊や市職員らによる総合防災訓練を開催する予定。避難所設営訓練や消火訓練、8月に導入された消防活動用ドローンによる倒壊家屋からの救出救護訓練などを実施します。

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。