ページID:P039491

敬老の日を前に市長が高齢者を訪問

最終更新日 2017年9月15日(金曜日)

印刷

渡辺さんを盛大に祝福
渡辺さんを盛大に祝福
ケーキやお菓子などの甘いものが大好物
ケーキやお菓子などの甘いものが大好物

厚木市内最高齢は108歳

 9月18日の「敬老の日」を前に、市内最高齢者の渡辺ヤマさん(108)を祝おうと14日、小林常良市長が上古沢の介護老人保健施設を訪問しました。小林市長は、賞状や花束などを手渡し、盛大に祝福しました。

 今回の訪問は、長年にわたり社会の進展に寄与してきた高齢者の長寿を祝うため、市敬老事業の一環として実施。事業は市内の90歳と95歳以上の820人が対象で、希望者46人のもとを小林市長が訪問しています。

 渡辺さんは明治42年(1909年)6月生まれ。長寿の秘訣は好きなものを好きなだけ食べることで、施設では趣味の歌を歌ったり、おしゃべりを楽しんだりしながら元気に過ごしています。

 小林市長は「ご長寿おめでとうございます。これからも末永く元気でいてください」と声を掛けると、渡辺さんは「お祝いしてもらってありがたい」と笑顔で話しました。

 市内には9月1日現在で、100歳以上の高齢者が68人います。

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。