ページID:P040391

広島東洋カープ・田中広輔選手が市長を表敬

最終更新日 2017年12月29日(金曜日)

印刷

来季の意気込みを語った田中選手(写真中央)
来季の意気込みを語った田中選手(写真中央)

さらなる飛躍を誓って

 プロ野球・広島東洋カープに所属する田中広輔選手(28)が28日、出身地である厚木市の小林常良市長にセ・リーグ連覇を報告しました。今シーズンの戦いをチームやファンの雰囲気を交えながら振り返り、2シーズン連続で逃した日本一への思いを馳せました。

 田中選手は、同市立依知南小学校、市立依知中学校、東海大学付属相模高校、東海大学を卒業後、JR東日本に入社。平成25年のドラフトで、広島から3位指名を受けてプロ入り。初年度から遊撃手の定位置を奪い、今春のワールドベースボールクラシック(WBC)では日本代表に選出されました。今シーズンは不動の1番打者として、前年に続いて全試合フルイニング出場を達成。チームを2年連続のセ・リーグ優勝に導いた他、自身初となる盗塁王と最高出塁率の2タイトルを獲得。ベストナインにも選ばれています。

 懇談の中で来季から巨人でプレーする弟の俊太選手(24)の話題を振られた田中選手は、「自分よりも弟を応援してあげてください」とドラフト5位でプロの世界に入る弟への気遣いを見せました。田中選手を応援する市民とのエピソードなどを披露した小林市長は、「田中選手の素晴らしい活躍は厚木の誇り。私を含め、市民の皆さんがいつも元気をもらっている。体を大事にして、来季も頑張ってほしい」と激励しました。田中選手は「結果に満足せず、チームや応援してくれるファンの皆さんのために、来季は日本一に向けて頑張りたい」と力強く話しました。

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。