ページID:P040620

市制記念日に郷土料理を給食で提供

最終更新日 2018年2月2日(金曜日)

印刷

給食をおいしそうに頬張る児童ら
給食をおいしそうに頬張る児童ら

ふるさとの味を召し上がれ

 市制記念日の1日、全市立小学校23校で郷土料理を取り入れた給食が提供されました。子どもたちは、長年地域で親しまれてきた豚のみそ漬けや「かてめし(混ぜご飯)」などをお腹いっぱい味わいました。

 郷土料理の提供は、ふるさとの食文化や伝統を学び、子どもたちに地域に愛着を持ってもらおうと、市教育委員会(曽田髙治教育長)が年4回ほど実施しています。今回出された豚のみそ漬けは、市民に広く親しまれている市の特産品の一つ。「かてめし」は、ちくわや油揚げ、昆布、ニンジン、干しシイタケ、タケノコ、切り干しダイコンが入った混ぜご飯で、祭りや人寄せなどの時に振る舞われてきました。

 当日、依知小学校(荻野浩文校長)では、配膳が終わると栄養士が料理の特徴や由来を説明。児童たちは元気よく「いただきます」とあいさつすると、地域で受け継がれてきた味を楽しみ、中にはお代わりをする児童の姿も見られました。

 児童たちは「厚木の混ぜご飯を食べたのは初めてだったけど、おいしかった」「好きなものがいっぱい出てうれしかった」「また食べたい」「厚木の料理を知ることができてよかった」などと、笑顔で話していました。

 市教育委員会では、地産地消の取り組みの一環として、季節に合わせた地場産の食材を積極的に使用しています。2月の1カ月間は全市立小・中学校36校で厚木産米を使用しているほか、当日の給食でも地域で採れたホウレン草とキャベツ、ネギ、ニンジンなどを使った和え物が提供されました。

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。