ページID:P040891

アミューあつぎで環境フェアを開催

最終更新日 2018年3月4日(日曜日)

印刷

木製おもちゃに子どもたちは大興奮
木製おもちゃに子どもたちは大興奮
環境に配慮して作ったお菓子に大満足
環境に配慮して作ったお菓子に大満足

楽しく環境問題を考える

  工作やクイズなどを通じて環境問題を考える「2017 あつぎミニ環境フェア」が3日、アミューあつぎ(中町2-12-15)で開催されました。「手をつなぎ守ろう!あつぎの環境」をテーマに、エコ活動の体験教室やミニ工作教室、ごみの分別に関するクイズなどが催され、家族連れなどで会場がにぎわいました。

 催しは、環境問題について楽しく学びながら一人一人の問題意識を高めていくことが狙い。市が主催し、市ごみ対策協議会で組織される「あつぎ環境フェア実行委員会」で運営される。当初は10月29日に開催する予定でしたが、台風22号の影響で中止が決定。市民から開催を希望する声が多く届いたため、今回の実施に至りました。

 この日は、地球温暖化や外来生物の問題、ごみの分別などの環境問題について、23の関係団体がブースを出展しました。環境に優しい調理法を学ぶ「エコ・クッキング」の体験コーナーでは、余計な洗い物を出さずにビニール袋一つで食材を混ぜ合わせて作る、お菓子づくり教室を開催。参加者は、自分たちで作った出来たてのお菓子をおいしそうに頬張っていました。木のぬくもりに触れて豊かな心を育む「木育」の体験コーナーでは、子どもたちが所狭しと並んだ木製のおもちゃで夢中になって遊んでいました。

 家族で来場した北村和也さん(32・戸田)は「子どもが遊べるコーナーも多いので、一緒に楽しみながら環境問題について勉強できる。エコ・クッキングは子どもと一緒に簡単にできそうなので、家ですぐに実践したい」と笑顔を浮かべていました。友達の藤田紗妃さん(10・中町)と妹の光瑠さん(9・栄町)と来場した前場美宙さん(10)は「木のおもちゃであまり遊んだことがないから、どれも初めて遊ぶものばかりで楽しかった。また遊んでみたい」とほほ笑みました。

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。