ページID:P040938

「あつぎ食ブランド」に7品を追加

最終更新日 2018年3月9日(金曜日)

印刷

認定に笑顔を見せる5事業者の代表者たち
認定に笑顔を見せる5事業者の代表者たち

厚木の名産が新たに誕生

  市が取り組みを進める「あつぎ食ブランド(愛称=あつぎOEC(おいしい)フード)」に7品目の食品が追加され8日、市役所で認定書交付式が開催されました。式には新たに加わった7品目を生産する5事業者の代表者が出席し、小林常良市長から認定書を受け取りました。

 あつぎ食ブランドは、市のシティセールスの一環として設けられた制度。近年の「食」に対する関心の高まりを受け、市が誇る食資源を内外に情報発信することで、市の知名度やイメージアップにつなげることを目的にしています。認定商品は、あらかじめ都道府県以上の食のコンテストなどで入賞したものという条件で公募し、市内の商・工業者や学識経験者などで作る選定委員会(柿島憲一委員長)が選定基準を基に審査・選定しています。今回は日本酒やアイス、豆腐、豚肉、ウインナーが新たに認定を受け、市が認定したブランドは全部で49品(15事業者)となりました。

 事業者として新たに加わった有限会社臼井農産(臼井欽一代表取締役)の「あつぎ豚」は、自家製の餌にこだわった、サシの入った柔らかい肉質が特長の豚肉。市内で生産から販売まで手掛けています。市農業協同組合(大貫盛雄代表理事組合長)の「ゆめみちゃんアイス」は、新鮮な地場農産物を惜しみなく使った、素材の味を楽しめるジェラートアイス。これまでに100種類以上のフレーバーが販売されています。

 当日、小林市長から認定書を受け取った臼井代表取締役は「地元で生産して、地元の皆さんに食べていただきたいという思いで50年以上営んできた。今後ますます、おいしい肉をつくっていきたい」、市農業協同組合の 清水昌文常務理事は「認定していただきありがたい。これからも安心、安全で、かつおいしい食を提供していきたい」と意気込んでいました。

 認定された商品は今後、市のホームページやリーフレット、情報誌、メディアなどを通じて積極的にPRしていきます。

  認定商品の一覧は、関連ページをご覧ください。

関連ページ

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。