ページID:P041216

恩曽川に約250匹のこいのぼりが掲揚

最終更新日 2018年4月11日(水曜日)

印刷

青空を舞うこいのぼり
青空を舞うこいのぼり

  子どもたちの健やかな成長を願って

 5月5日の「こどもの日」にちなみ、厚木市の恩曽川地蔵橋親水広場(同市温水614付近)に、地域住民などから寄付されたこいのぼり約250匹が掲揚され、散歩などで訪れた人々の目を楽しませています。5月6日まで。

 こいのぼりの掲揚は、地域住民らでつくる「恩曽川をきれいにする会」(関口正昭会長、会員数約140人)が、伝統的な文化行事を通して子どもたちの成長を願おうと平成25年から始め、今年で6回目となります。始めは6匹程度と小規模でしたが、現在では約250匹ものこいのぼりが集まっています。近くを通る人からは「すごい。見事だね」との声も聞こえ、手を伸ばしたり、こいのぼりの映る川をのぞき込んだりする子どもたちの姿も見られました。

 同会会長の関口正昭(まさあき)さん(76)は、「大小さまざまなこいのぼりが格好よく見えるよう、配置も工夫している。地域の幼稚園や保育所から子どもたちが遊びに来てくれたり、家族でピクニックに来てくれたりするとうれしい」と笑顔を見せました。

 親子で遊びに来ていた八重柏輝(やえがしわ ひかる)さん(21・戸田)は「以前この近所に住んでいて、こいのぼりを見るために来た。どんどん数が増えていて驚いた」と話しました。娘の陽彩(ひいろ)さん(2)は「赤いこいのぼりがかわいかった」と喜んでいました。

 同市内では、若宮公園(同市森の里1-38-39)にも14日にこいのぼり約180匹が飾られます。5月5日までの掲揚で、3日には音楽やゲームなどの催しが楽しめる「第30回森の里鯉のぼりまつり」を同地区自治会連絡協議会が開催します。

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。