ページID:P041226

市民リポーター30人が誕生

最終更新日 2018年4月12日(木曜日)

印刷

委嘱式に出席した市民リポーター20人
委嘱式に出席した市民リポーター20人
宮脇さんから心構えを学ぶリポーターら
宮脇さんから心構えを学ぶリポーターら

市民の目線から厚木の魅力を発信

 厚木市の広報番組「あつぎ元気ウエーブ」などで行政情報や市の魅力を発信する市民リポーターの委嘱式を4月11日、市役所(中町3-17-17)で開催しました。19歳から80歳までの市民の皆さんや同市のマスコットキャラクター「あゆコロちゃん」を含めた20人が出席し、小林常良市長から委嘱状を受け取りました。

 市民リポーターは、市民の目線で市の魅力をPRするため、2年に一度、学生や主婦、会社員などから公募。オーディションを実施し、選任しています。今期は新たに30人の市民が就任しました。

 式で小林市長は「目で見て、耳で聞いて、体で感じた厚木の魅力をどんどん発信して、活躍してほしい」と激励。リポーターたちは「リポーターの仕事を通して、厚木の魅力を再発見していきたい」「視聴者の皆さんに愛されるリポーターになりたい」「自分の言葉で、厚木の魅力を発信したい」などと意気込みを語っていました。

 この他にも、全国ネットのニュース番組でもリポーターを務める宮脇理恵子さんによる「リポーターとしての心構え」をテーマにした講習会も実施。リポーターたちはメモをとりながら、真剣に耳を傾けていました。

 リポーターの任期は平成32年3月31日まで。ケーブルテレビなどで放映しているあつぎ元気ウエーブのリポートをはじめ、カメラマンとしてイベントや四季折々のまちの写真を撮影したり、同市の広報紙「広報あつぎ」へ寄稿したりと、市の魅力や街の話題を発信していきます。あつぎ元気ウエーブ(内容は15日ごとに更新)は、地元のケーブルテレビで放映する他、市ホームページや「YouTube」でも配信しています。

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。