ページID:P041792

スノーボード世界大会優勝選手が市長を表敬

最終更新日 2018年6月2日(土曜日)

印刷

盾を受け取った大塚さんと小林市長
盾を受け取った大塚さんと小林市長

  “世界一”の誇りを胸に

 5月19日にノルウェーで開催された冬季競技などの世界大会「エックスゲームズ」のスノーボード男子ビッグエアで優勝した厚木市在住の大塚健さん(17・飯山)が1日、市役所(中町3-17-17)を訪れ、小林常良市長や曽田髙治教育長らに金メダル獲得の喜びを報告しました。

 同大会はスノーボード選手にとって、オリンピックやワールドカップと並ぶ世界最高峰の舞台。大塚さんが出場したビッグエアは、スキーのジャンプ台を一回り小さくした台から飛び、空中で演技をする競技で、ジャンプの難易度や完成度、着地の美しさなどが採点基準となっています。今年初めてオリンピック種目となりました。

 この日、小林市長は「市から世界チャンピオンが誕生したことを誇りに思う。今後の活躍を期待している」と激励。市民に元気や希望を与えたことをたたえ、「栄光の盾」を大塚さんに贈呈しました。盾を手にした大塚さんは「小学生の頃から目標にしていた大会で優勝できてうれしい。オリンピック出場を目指してもっと実力をつけたい」と意気込みました。

 大塚さんがスノーボードを始めたのは7歳の頃。12歳のときからプロとして活躍し、2015年には世界大会で準優勝を果たしています。日頃は、学業の傍ら埼玉県や長野県で練習に励んでいます。

 

問い合わせ スポーツ推進課 電話225-2531

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。