ページID:P043153

【開催報告】看取りシリーズ研修会(1)_平成30年10月25日開催

最終更新日 2018年12月25日(火曜日)

印刷

301025研修_2001.jpg 

 誰もが住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができる「地域包括ケア社会の実現」を目指し、医療・介護・福祉に従事する皆さんのスキルアップや顔の見える関係による連携促進を図るため、専門職を対象とする研修会を開催しました。

 当日は、「看取り」という重いテーマでしたが、川上先生の軽妙でテンポの良い話により、大変和やかな雰囲気の中、講義が進められました。また、自己研鑽を目的に仕事終わりの私的時間を利用して参加された方も多く、皆さん熱心に先生の話を聴いていました。

1 日 時 平成30年10月25日(木曜日) 午後7時から8時30分まで

2 会 場 厚木市役所本庁舎4階大会議室

3 参 加 医療・介護・福祉関係者 58人

4 テーマ 看取りケアについて

5 講 師 川上嘉明 氏(東京有明医療大学看護学部看護学科・大学院看護学研究科教授)

【内容】

〇救急車を呼ぶということは、治療、延命を求めること

〇「死にかた」を選ぶことはできない

〇死ぬまでの「生きかた」を選ぶことはできる

〇突然死以外、人はある経過をたどって死に至る

〇暮らしの場の「家ぐすり」は、死に至る本人・家族に効く

 

情報発信元

福祉総務課地域包括ケア推進担当

(市役所第二庁舎1階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2047
ファックス番号 046-221-2205
1900-08@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。