ページID:P047283

【開催報告】【ACPを理解しよう】もしバナを使ったACPの理解研修会(2回目)_令和2年1月16日開催

最終更新日 2020年1月23日(木曜日)

印刷

 誰もが住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができる「地域包括ケア社会の実現」を目指し、医療・介護・福祉に従事する皆さんのスキルアップや顔の見える関係による連携促進を図るため、医療・介護等専門職の皆さんを対象とする研修会を開催しました。

 今回は、自らが望む人生の最終段階における医療・ケアについて、前もって考え、 医療・ケアチーム等と繰り返し話し合い共有する取組であるアドバンス・ケア・プランニング(ACP)をテーマに取り上げました。

   

1 日 時 令和2年1月16日(木曜日) 午後7時から8時30分まで

2 会 場 厚木市本庁舎4階 大会議室AB

3 参 加 医療・介護・福祉関係者                   

4 テーマ 【ACPを理解しよう】もしバナを使ったACPの理解               

5 講 師 帝京大学医学部附属病院 教授 金城 謙太郎 氏

  看取り1-1 
  ふーん…。そうか…。


 研修2
  利用者や患者も大切にしたいことは話し合わないとわからないよねー。


  研修3
  人によって大切に思うこと違うよね‼

【感想】(一部)
 〇死を迎えることについて改めて考えることができました。
 〇実際にもしバナゲームを行い、自分の思っていたことが気づけた。

 〇今まで患者さんに尋ねるばかりでしたが、自分自身が考えることも必要だと痛感しました。

 〇色々な人の意見が聞けてとても勉強になりました。

 (公開日:令和元年1月23日)

カレンダー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
             

色付の日はイベント開催日です。

情報発信元

福祉総務課地域包括ケア推進担当

(市役所第二庁舎2階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2047
ファックス番号 046-221-2205
1900-08@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。