プラネタリウム一般投影番組

小惑星
~究極のミッション~

神奈川工科大学厚木市子ども科学館 更新日 2019年12月1日


  




2010年、日本では小惑星探査機『はやぶさ』が地球に感動の帰還を果たし、小惑星「イトカワ」から持ち帰った貴重な微粒子が注目を浴びました。今、科学者たちは、小惑星の地球への衝突を避ける方法、また宇宙探査の中で果たす役割を熱心に研究しています。

本作は、有人宇宙探査を推進するうえで小惑星が示す可能性を発見するため、壮大な宇宙の旅へと観客をいざないます。果たして、人類の太陽系横断のための「途中駅」になり得るのか?!ここではあなた自身が小惑星ミッションチームの一員、宇宙飛行士です。

さあ、宇宙へ究極のミッションに乗り出しましょう!



前半は、季節の星座解説です


投影スケジュール