プラネタリウム特別番組

太陽 -私たちの母なる星-

神奈川工科大学厚木市子ども科学館 2019/2/27 更新日 2019/3/12


  



日本語字幕・ナレーションあり

私たちの世界は45億年もの間、太陽に絶えず照らされていました。
その光はすべての人たちが肌で感じることができます。
それは、太古の昔、海を離れた生命や恐竜も感じていたことでしょう。

地球を照らす星「太陽」は、地上で起きたすべてを見守ってきました。
それはまるで愛する母のように・・・。
母の懐のようなその輝きによって地球を暖め、天気を操る大切な星なのです。
そして地球上のすべての生命は、地球から最も近い太陽の恵みを受けているのです。

この作品では、もっとも身近な恒星・太陽について、古代の太陽に対する想いから、
コペルニクスやガリレオの地動説、そして現代に至るまでの宇宙観、太陽が燃えている仕組みや、太陽フレア・オーロラといった宇宙天気、最後を迎えた太陽など大迫力の映像を交えながら紹介します。



前半は、季節の星座紹介です。


投影スケジュール