ページID:P037929

【平成29年4月】東京五輪でNZ女子ラグビーの事前キャンプ誘致目指す

最終更新日 2017年4月10日(月曜日)

印刷

 レセプションでNZの選手たちと

厚木市長 小林常良

   「東京五輪で、ニュージーランド(NZ)女子ラグビーの事前キャンプを誘致したい」―。
 国からNZを相手国としたホストタウンの登録を受けて1年2カ月、ついにNZ女子7人制ラグビーの選手たちが厚木にやって来ました。
 合宿に訪れたのは、五輪出場を目指す育成チーム。そして今月は、リオ五輪で銀メダルを獲得した代表チームがいよいよやって来ます。今回の合宿受け入れの成否は、3年後の事前キャンプ誘致に直結するといっても過言ではありません。
 NZとの交流は、さまざまな縁に恵まれてスタートしました。その縁の一つが、市内在住で元ラグビーNZ代表のスコット・ピアースさんとの出会いです。ホストタウン交流大使に就任していただいたピアースさんには、NZの大使館やラグビー協会との良好な関係づくりに力を発揮してもらっています。
 スポーツにとどまらず、歴史や文化、食、教育などで着実に進んでいるホストタウン交流。五輪後のレガシーを築くためにも、「おもてなしの精神」で選手たちをお迎えしたいと思っています。

情報発信元

秘書課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎4階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2009
ファックス番号 046-296-2566
0100@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。