ページID:P044443

【平成31年4月】あつぎ郷土博物館がオープン

最終更新日 2019年4月1日(月曜日)

印刷

博物館を訪れていた手話サークルの皆さんと 

厚木市長 小林常良

皆さんは、ふるさとの歴史や文化をどれくらいご存じですか。下川入にオープンした「あつぎ郷土博物館」は、市内初の本格的な博物館です。
博物館が建つのは、53年前に廃校となった菁莪小学校と七沢自然ふれあいセンターのような役割を担っていた中央青年の家の跡地です。中津川沿いの自然豊かな文教の地、厚木が海だった時代から現代までを収蔵資料と共に紹介。江戸時代の水路を再現した展示や昔の道具の体験など、視覚的・感覚的に楽める工夫を凝らしました。自然を生かした講座、人形芝居や里神楽といった郷土芸能の展示も好評です。
「厚木の盛なる都とことならす」。江戸時代の蘭学者・渡辺崋山は、当時のにぎわいを「江戸と変わらない」と記しました。崋山が驚いたまちや人々の暮らしはどんなものだったのか。まちの歴史をひも解き、多くの皆さんに知っていただく取り組みも試みていきたいと思っています。
生活を営むまち、生まれ育ったまちを知ることは、私たちの郷土愛を育みます。新たな施設からまちの魅力を発信し、後世までつなげていくことで、人と人とが固く結ばれた豊かな地域をつくってまいります。

情報発信元

秘書課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎4階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2009
ファックス番号 046-296-2566
0100@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。