ページID:P045595

【令和元年7月】悲しい事故を無くすために

最終更新日 2019年7月8日(月曜日)

印刷

関東国道協会通常総会

厚木市長 小林 常良 

 5月、滋賀県内の交差点で、自動車同士の衝突に保育園児が巻き込まれる痛ましい事故が起きました。朝、いつもと変わらずわが子を送り出したであろう親御さんの心中と、子どもたちの失われた将来を思うと、本当に胸が痛みます。
 二度とこのような事故を繰り返してはいけない。市でも何か対策をと、すぐに市内の幹線道路を中心に交差点の車止めの設置状況を緊急点検しました。点検で分かった未設置箇所は、園児の活動ルートなどを考慮しながら、関係機関と連携して車止めなどの設置を進めていきます。事故直後に開かれた関東国道協会の総会では、会として国へ早急な事故対策を求めることを私から提案。皆さんの承認をいただき、国に要望を伝えることもできました。
 本市が2008年から続けているセーフコミュニティの取り組みは「事故は偶然の結果ではなく、予防できる」という理念を具体化する活動です。悲しい事故を未然に防ぐためにできることがあるのなら行動する。市民の皆さんと一丸となって、誰もが安心して暮らせるまちづくりを進めてまいります。

情報発信元

秘書課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎4階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2009
ファックス番号 046-296-2566
0100@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。